蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。


    中島 翔哉(なかじま しょうや、1994年8月23日 - )は、東京都八王子市出身のサッカー選手。プリメイラ・リーガ・FCポルト所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 サッカー選手の小池龍太は母方の従弟。 6歳の時にサッカーを始めるも、同時期に両親が離婚し、母子家庭に育ち、2
    44キロバイト (4,855 語) - 2019年9月19日 (木) 23:15



    (出典 img.footballchannel.jp)


    中島良かったな
    同じ2ー0の状況から中島出すって監督男前過ぎ。

    1 Egg ★ :2019/09/23(月) 08:53:00.01 ID:PZaVPYi59.net

    試合後に中島に駆け寄り…

    現地時間9月22日、ポルトガルリーグの第6節が行なわれ、ポルトはホームにサンタ・クララを迎え、2-0で勝利した。ポルトに所属する中島翔哉はベンチスタートで、途中出場を果たしている

     開始15分にゼ・ルイスのゴールで先制したポルトは、41分にもオウンゴールで加点し、2点をリード。サンタ・クララを圧倒して前半を終えた。

     後半は、反撃に出るアウェーチームに対し、自陣できっちり守備を固めて対応する。そんななか、66分に中島翔哉がルイス・ディアスと交代してピッチに入る。

     奇しくも指揮官の”ブチキレ”騒動が起きたポルティモネンセ戦と同様、残り30分弱、2-0をリードした状態で投入された中島は、いきなり左サイドからボックス内までボールを運び、シュートに持ち込んだ。これはGKにキャッチされたが、ホームスタジアムを沸かせた。

     ポルトは78分、マレガからパスを受けたゼ・ルイスが絶好機を迎えるが、大きく枠を外してしまう。3点目を奪うことはできなかったが、2-0の完封勝利。開幕節で敗れて以降は5連勝で、暫定2位に浮上している。

     中島はボールタッチこそ多くなかったものの、いくつかチャンスの起点となったほか、周囲との連携を確かめるようにプレー。これに満足したのか、試合後にはセルジオ・コンセイソン監督がフィールド上の日本代表MFに駆け寄り、お互いに笑顔を浮かべ、ハグする姿もみられた。

     ポルトは9月25日に国内カップ戦で再びサンタ・クララと対戦したのち、週末にはリオ・アベとのアウェー戦に挑む。

    9/23(月) 6:30配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00064469-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    中島翔哉、リーグ戦2試合連続途中出場。ポルトは2-0で勝利し5連勝達成
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00339521-footballc-socc


    【【朗報】途中出場の中島翔哉、“ブチギレ監督”と和解の抱擁!】の続きを読む


    宮市 (みやいち りょう、1992年12月14日 - )は、愛知県名古屋市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ2部・FCザンクトパウリ所属。ポジションはフォワード(主に左ウイング)、サイドハーフ。元日本代表。 サッカー選手の宮市剛は実弟。 トヨタ自動車野球部でヘッドコーチを務めていた父親と高校時
    27キロバイト (3,065 語) - 2019年9月8日 (日) 09:00



    (出典 f.image.geki.jp)


    宮市亮 今季初ゴール

    (出典 Youtube)


    愛されキャラ

    1 Egg ★ :2019/09/22(日) 22:36:46.39 ID:Vujc8pR/9.net

    右サイドMFでフル出場

    ザンクト・パウリの宮市亮が今季初ゴールをマークしている。

    ザンクト・パウリは21日、ブンデスリーガ2部第7節でオスナブリュックと対戦。前節はハンブルガーSVとのダービーを制していたザンクト・パウリで、宮市は先発出場。今季はサイドバックでも起用されることもある中、この試合では右サイドのアタッカーとしてピッチに入った。

    試合は12分に先制点を許すが、22分に宮市が魅せる。FWディミトリオス・ディアマンタコスが左サイドを突破すると、鋭いクロス。これに宮市が左足でしっかりと合わせ、豪快にネットを揺らす。昨季はリーグ戦で5ゴールを挙げていたが、今季では初ゴールとなった。

    その後、後半は一進一退の攻防が続いたものの、ゴールは生まれず。1-1のドローで終了し、宮市も右サイドで攻撃のアクセントとなりながら、フル出場となった。1ポイントを積み上げたザンクト・パウリは、開幕から7試合で勝ち点9となっている。

    9/22(日) 22:23配信GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010041-goal-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】<宮市亮>左足ダイレクトの豪快同点弾で今季初ゴール!】の続きを読む


    安部裕葵が語るバルサBでの充実感。「エゴを出す」プレーを楽しんで。(林遼平) - Number Web
    また1人、日本の若者が欧州の地に旅立った。広島県の瀬戸内高校から鹿島に入団して2年半。安部裕葵は新たな舞台としてスペインの地を選んだ。
    (出典:Number Web)


    安部 裕葵(あべ ひろき、1999年1月28日 - )は、東京都出身のプロサッカー選手。セグンダ・ディビシオンB・FCバルセロナB所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー(サイドハーフ)、フォワード(セカンドトップ)。 小学校時代は城北アスカFC、中学校時代は帝京FCジュニアユースとS.T.FOOTBALL
    13キロバイト (1,483 語) - 2019年9月2日 (月) 21:36



    (出典 sakanowa.jp)


    途中からファウル集をみてんのかと錯覚してしまったw

    1 Egg ★ :2019/09/22(日) 21:52:10.30 ID:Vujc8pR/9.net

    バルセロナBの日本代表MF安部裕葵が、フル出場で勝利に貢献した。セグンダB(スペイン3部相当)グループ3第5節ビジャレアルB戦(1-0)で、右サイドとして奮闘。首位相手に積極的なプレーを見せて、自身の“バルサ初勝利”を飾った。

    【写真】安部裕葵、“バルサ初勝利”でチームメートと歓喜爆発! 試合後のロッカールームで“満面の笑み”ショット

     今夏、鹿島アントラーズからバルセロナに加入した安部は、書類の手続き遅れで開幕戦出場には間に合わなかったが、現地時間1日の第2節ヒムナスティック・タラゴナ戦(2-2)で公式戦デビュー。決定機を演出するなど存在感を発揮していた。14日の第4節プラト戦(2-2)にも先発出場し、この日2試合連続のスタメンとなった安部は、“定位置”の右サイドだけではなく、臨機応変にポジションを変えながら好機を演出。前半5分には、左サイドからカウンターでドリブル突破を図り、焦った相手からファウルで止められた。ゴールこそなかったが、フル出場で勝利に貢献した。

     バルサ公式ホームページも安部のプレーに言及しており、「攻撃に積極的に参加」「バルサBで最初のイエローカードも受けたが、アディショナルタイム6分間も含め、最後までプレーし、フル出場を果たした」と綴られており、20歳のアタッカーは着実に好印象を与えているようだ。

     この日の勝利で、自身の出場試合ではバルサ移籍後“初勝利”を飾った安部。クラブの公式インスタグラムでは試合後のロッカールームの様子が投稿され、満面の笑みで写る安部に対して「ホンマにいい写真すぎる!」「ナイス勝利!」「みんないい笑顔」とコメントが寄せられた。

     まだまだ異国の地での戦いは始まったばかり。公式戦初ゴールを目指して、アピールを続けていくだけだ。

    9/22(日) 19:57 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190922-00219193-soccermzw-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】<安部裕葵>“バルサ初勝利”!果敢に仕掛け首位撃破に貢献】の続きを読む


    冨安 健洋(とみやす たけひろ、1998年11月5日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。セリエA・ボローニャFC所属。ポジションはディフェンダー。日本代表。 小学生の頃に三筑キッカーズの総監督が目を見張るスピードで走っている冨安の姿を偶然目撃、冨安
    25キロバイト (2,827 語) - 2019年9月14日 (土) 21:06



    (出典 i.ytimg.com)


    日本人でビッグクラブに一番近いのは冨安・・・

    1 久太郎 ★ :2019/09/23(月) 00:00:01.76 ID:KpU+yocJ9.net

    ローマは公式戦3連勝
    セリエA第4節が21日に行われ、ボローニャとローマが対戦した。

    ここまで2勝1分けと好スタートを切ったボローニャが、ホームに初とも言える強豪クラブを迎え入れた一戦。日本代表DF冨安健洋は4試合連続で右サイドバックとして起用され、ヘンリク・ムヒタリアン、アレクサンダル・コラロフといったスター選手とマッチアップすることとなった。

    試合は前半からローマが押し込む展開ではあったものの、ペースを握るまでには至らず。ローマは長いボールを使いながら、コラロフの突破で違いを作っていく。冨安は精度の高いボールを供給できるコラロフの対応に苦しみつつ、粘り強く対応していった。

    冨安とのマッチアップが予想されたムヒタリアンがやや中央寄りでプレーした一方、FWエディン・ジェコが左サイドに流れるシーンが多くなり、前半から冨安の対応する場面は多くなっていった。

    スコアレスで後半を迎えたが、49分にコラロフがゴールやや左からの直接FKを沈めてローマが先制に成功する。GKウカシュ・スコルプスキは一歩も動けず。

    しかし直後に、またも意外な形でボローニャがチャンスを作る。左サイドからの折り返しにロベルト・ソリアーノが飛び込んでくると、コラロフがエリア内で倒してしまい、PKを獲得。これをニコラ・サンソーネがきっちりと右に決め、試合は振り出しに。

    さらに59分には高い位置でボールを奪うと、左から中央へと華麗な連携を経てソリアーノがゴール至近距離からシュートに至る。しかし、これはGKパウ・ロペスのファインセーブに遭い、選手たちは頭を抱える。

    その後、冨安はファウルでセリエA初のイエローカードを受けるものの、ペースはホームのボローニャへ。シュートチャンスを作り、逆転弾へと近づいていく。すると84分にはボローニャのカウンターがヒット。スルーパスに抜け出したフェデリコ・サンタンデールがジャンルカ・マンチーニに倒される。マンチーニは2枚目のイエローカードで退場となり、ボローニャが数的優位に立つ。

    昨シーズンから続くホームの連勝を「9」に伸ばすため、最後まで攻め続けたボローニャだったが、逆にスキが生まれる。アディショナルタイム、ローマの速い攻撃から、最後はロレンツォ・ペッレグリーニのクロスにジェコが頭で合わせ、勝ち越し。ローマが2-1で勝利し、公式戦3連勝を飾った。ボローニャは今季初黒星となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00010043-goal-socc
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【冨安健洋(ボローニャ)、初の強豪ローマに挑むも...後半のAT弾に泣く】の続きを読む


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市出身のプロサッカー選手。プリメーラ・ディビシオン・RCDマヨルカ所属。日本代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 2004年3歳の時、父もコーチとして参加していた東京都稲城市の坂浜サッカークラブでサッカーを始める。
    38キロバイト (4,786 語) - 2019年9月19日 (木) 15:45



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    PK奪取→アシスト→次は...ゴールかな

    1 Egg ★ :2019/09/22(日) 22:15:42.43 ID:Vujc8pR/9.net

    <試合会場>コリセウム・アルフォンソ・ペレス(ヘタフェ)

    【スコア】
    ヘタフェ 4-2 マジョルカ

    【得点者】
    7分 1-0 オウンゴール
    33分 2-0 ホルヘ・モリーナ(ヘタフェ/PK)
    63分 3-0 アラン・ニョム(ヘタフェ)
    70分 3-1 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
    77分 3-2 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
    84分 4-2 アンヘル・ロドリゲス(ヘタフェ)

    スポナビ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20077686

    リーガ・エスパニョーラ第5節が22日に行われ、日本代表FW久保建英が所属するマジョルカがアウェイでヘタフェと対戦した。

     試合は7分、コーナキックからオウンゴールでヘタフェが先制点を奪う。その後、19分にはサルバ・セビージャが負傷を訴え、交代で久保がピッチに送られた。ところが、マジョルカは33分にPKから失点し、2点のビハインドを背負ってしまう。

     後半に入ると3失点目を喫し、マジョルカは3点のリードを許すが、70分に久保が魅せる。右サイドでボールを受けると左足でインスイングのクロスを供給。これをアンテ・ブディミルが頭で合わせ1点を返した。久保にとってこれがリーガ初アシストとなった。

     さらに77分、スローインからブディミルがニアでゴールへ押し込み、この日2点目をマーク。マジョルカが1点差に詰め寄った。しかし、84分にはアンジェル・ロドリゲスにゴールを奪われてしまう。

     試合はこのまま4-2で終了。マジョルカは開幕5試合を消化し、1勝1分3敗となっている。次節は24日、アトレティコ・マドリードとホームで対戦する。

    9/22(日) 20:53配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190922-00982402-soccerk-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/09/22(日) 20:54:12.85
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569153252/


    【【朗報】久保建英、緊急投入で意地の初アシスト!次戦のA・マドリード戦へアピール】の続きを読む

    このページのトップヘ