蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:日本代表 > 大迫勇也


    大迫勇也「結婚まで純白!」モデル妻との半端ない純愛物語 - 女性自身
    【女性自身】セネガル戦も引き分け、決勝トーナメント進出への期待が高まるサッカー日本代表。大会直前での監督交代、壮行試合での惨敗と大会前は諦めムードが漂ってい ...
    (出典:女性自身)


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県南さつま市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。日本代表。ポジションは日本代表ではフォワード、クラブではミッドフィールダーを主に務める。高校サッカー部の大会である全国高等学校サッカー選手権大会におけ
    44キロバイト (4,873 語) - 2019年4月6日 (土) 09:26



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    大迫、おめでとう。

    1 久太郎 ★ :2019/04/08(月) 13:35:18.52 ID:SsMOGsH89.net

     サッカー日本代表の大迫勇也(ウェルダー・ブレーメン)は8日、インスタグラムを更新し、第二子となる女児が誕生したことを発表した。

     大迫はインスタグラムで「この度、第二子となる女の子が誕生しました。母子共に健康で、元気に産まれて来てくれました」と報告。「新たな家族も増え、父親としてより一層頑張っていきたいと思います」とつづった。

     ハッシュタグには「半端なく(笑)可愛い」ともタグ付けされていた。

     インスタグラムには「OSAKO」と書かれたブレスレットをはめたベビーのかわいらしい手の写真と、妹を見る長女の後ろ姿の写真がアップされた。

     大迫は更に「ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で久しぶりに復帰することができました。一つでも上の順位でフィニッシュ出来るように、今シーズン終盤戦頑張っていきます」と自身の状況についても説明し「引き続き応援宜しくお願いします」と結んだ。

     大迫は14年3月に、モデルの三輪麻未と結婚。同年10月に第一子となる長女が誕生している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000049-dal-socc

    instagram
    https://www.instagram.com/p/Bv-Xib7gOL6/


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【日本代表】大迫勇也、「半端なく(笑)可愛い」第二子女児の誕生を報告。姉妹が手を握った写真で思わず、ほっこり。】の続きを読む


    大迫勇也抜きでも攻撃陣は好調なブレーメンだが…他にない強みを持つ日本人FWこそが終盤戦のキーマンに! 【現地発】 - 日本スポーツ企画出版社
    ブンデスリーガ第26節終了時点で、ブレーメンは8位につけている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得できる6位(レバークーゼン)との勝点差は3と、悪くない位置だ。
    (出典:日本スポーツ企画出版社)


    大迫 勇也(おおさこ ゆうや、1990年5月18日 - )は、鹿児島県南さつま市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヴェルダー・ブレーメン所属。日本代表。ポジションはフォワード。高校サッカー部の大会である全国高等学校サッカー選手権大会における一大会最多得点記録(第87回・10得点)保持者。
    43キロバイト (4,712 語) - 2019年3月20日 (水) 01:43



    (出典 spread-sports.jp)


    この問題は中々根が深いな・・
    大黒柱のない家か。上手いな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/31(日) 07:42:13.13 ID:G4UMEZ629.net

    ボリビア戦、雑感。3月26日に神戸で行われた日本代表戦を取材した。試合を見つめながら、こんなことが頭によぎった。

    「大迫不在。このチームは、大黒柱のない家みたいだなあ……」

    いまや言わずと知れた日本のエース、大迫勇也。負傷の影響で今回は招集外となっている。

    「大迫頼みの攻撃ということについて、私も質問を受けたり、いろんなところで見聞きしている。彼が代表で非常に重要な選手であることは間違いない」

    森保一監督もチームにおける彼の存在の大きさは認める。しかし同時に、こうも続けている。

    「大迫だけではなくて、誰が抜けてもその時のメンバー、出ている選手でベストな戦いをすることを常に考えていきたい」

    当然だろう。替えのきかない選手が使えないからといって、監督が指をくわえて戦況を見ているわけにはいかない。新たな代替案を提示して、組織を機能させる必要がある。

    ただ、ボリビア戦を見ながら感じたのは、大迫不在時に必要な次善策を築けるほどまだ日本は盤石なプレー観も選手層も持っていないのではないか、という危惧だった。

    迫力はあるがタメのない攻撃。

    この4日前に行われたコロンビア戦は、0-1のスコアではあったが、内容は完敗に近かった。

    森保ジャパンの看板でもある中島翔哉、南野拓実、堂安律が揃い踏み。
    縦に速く、ひたすらゴールに向かっていく迫力ある攻撃は彼らの武器であり、実際に躊躇なくシュートを打っていった。その姿勢は継続の価値がある。

    ただ、これも予想通りの展開になってしまったが、攻撃リズムが一辺倒だった。
    言ってみれば、前に縦にイケイケドンドン。中盤の底で柴崎岳が必死に緩急のコントロールをしようとしても、
    手元の操縦桿のさばきでは追いつかないほどガンガン前に行き、速さを緩めない。

    タメもない、メリハリもない攻撃。日本人アタッカーは世界レベルと比べると決定的に精度が落ちるという現実もある。
    打てども打てどもゴールを決められないまま時間が過ぎ、攻め疲れ。相手も百戦錬磨の守備勢。最後は対応に慣れてきて、日本を封じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190330-00838817-number-socc
    3/30(土) 11:31配信


    【【日本代表】大迫ロスで浮き彫りになった森保Jの違和感・・「今のチームは、ポストプレーやボールをキープ出来る2列目の選手がいない。」】の続きを読む

    このページのトップヘ