蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:日本代表 > 香川真司


    結局やっぱり“NMD”。ボリビアを仕留めた絶対的な3人、香川真司らも霞む試合を決める力 - フットボールチャンネル
    【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】. 日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019・ボリビア代表と対戦して1-0で勝利した。立役者は、経験豊富なベテランでは ...
    (出典:フットボールチャンネル)


    森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本A代表兼日本オリンピック代表監督(現サッカー日本代表監督)はフィリップ・トルシエに次ぐ史上2人目(日本人監督としては初)。
    36キロバイト (3,266 語) - 2019年2月15日 (金) 21:08



    (出典 www.nikkansports.com)


    適材適所だな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/27(水) 08:11:49.59 ID:Jbu0pPXf9.net

    【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】

    日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦。試合は75分に生まれた中島翔哉のゴールを守り切った日本代表が1-0で勝利している。

    ロシアワールドカップ以来の代表招集となり、この試合ではキャプテンマークを巻くなど注目を集めたのが香川真司だ。
    22日に行われたコロンビア代表戦では後半途中からピッチに立ち、攻撃にリズムを加えるなど短い出場時間のなかでも良さを出し続けた同選手。
    この試合ではロシアW杯をともに戦った乾貴士や宇佐美貴史との連係、鎌田大地や小林祐希らとどのようなコンビネーションを見せるのかに大きな期待が寄せられていた。

    しかし、ボールこそ保持できていた日本代表だが、攻撃陣はうまく噛み合わず不用意なボールロストを繰り返す。
    ボリビア代表の守備もそこまで強固というイメージはなかったが、森保ジャパンはゴールへの匂いを一切放つことができなかった。結局、前半は0-0で終了している。

    後半も日本代表はボールを持つことはできた。しかし、フィニッシュまで繋げられず。
    香川は何もできないまま、69分、南野拓実との交代を余儀なくされている。

    少しポジションを下げたり、パスを散らしたりとボールに絡もうとする姿勢こそ表れていた。
    乾、宇佐美、鎌田らを生かそうとするプレーも随所で見受けられた。まるでそれは、司令塔の役割そのものだ。

    ただ、「トップ下・10番」であることから、香川=司令塔といった認識がされがちだが、それは確実に間違っている。
    最も司令塔、ゲームメイカー的存在を欲しているのは、香川自身なのだ。

    例えばボルシア・ドルトムントでは、イルカイ・ギュンドアンやヌリ・シャヒンといった選手たちが後方でゲームメイクをすることで香川が生かされていた。

    香川の良さは決定的なパスを送り出して味方のゴールを演出するというものではなく、パス&ゴーのような動きでリターンを受け、自身がゴールに直結するようなプレーを見せること。
    タイプで分けるならセカンドトップだ。
    また、ドルトムントでは公式戦216試合で60ゴールを叩き出すなど、背番号10の決定力は決して低くない。
    そのため、よりゴールに近い位置でプレーすることが、香川にとっては理想な形だ。

    ただ、この試合では司令塔のような選手は不在。
    そして香川はスペースへ飛び込む速さを兼ね備えているが、ボリビアのように重心を低くし、
    守備を固めスペースを簡単に明け渡さないチームを相手にしては背番号10の持ち味は発揮できない。
    また、トップ下に入った香川がボールを受けようと下がったり、パスを散らしたりと司令塔のような役割を担ったが、これでは背番号10本来の良さが出ないのは当たり前である。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00315246-footballc-socc
    3/27(水) 8:00配信


    【【ボリビア戦】香川真司=司令塔は、間違いだ。森保よ。選手を生かす選考を求む!!】の続きを読む


    ベシクタシュ会長、香川真司の完全移籍希望「彼には伝えた」日本市場をターゲットに? - Goal.com
    ベシクタシュは、現在ドルトムントからローン移籍で加入している日本代表MF香川真司の買い取りを希望しているようだ。トルコ『Turksih Football』など、複数メディアが伝えて ...
    (出典:Goal.com)


    ベシクタシュ(Beşiktaş)は、トルコ共和国のイスタンブール県に属する行政区のひとつ。イスタンブール広域市のヨーロッパ側にあり、ボスポラス海峡に面する。 中心地区のベシクタシュはビザンツ帝国期以来の港町で、現在もボスポラス海峡を横断する定期船のターミナルである。オスマン帝国時代には、この町に海軍
    2キロバイト (231 語) - 2018年10月13日 (土) 08:52



    (出典 sportsmania1.com)


    次は、スタメン定着だな。ガンバレ!!

    1 豆次郎 ★ :2019/03/26(火) 16:43:20.58 ID:PzjQFUly9.net

    3/26(火) 16:30配信
    トルコ1部ベシクタシュ 香川完全移籍に約10億円準備

     トルコ1部ベシクタシュが日本代表MF香川真司(30)の完全移籍に向けて準備を整えた。同クラブのフィクレット・オルマン会長(51)は、本紙の取材に800万ユーロ(約9億9000万円)とされる移籍金を確保したと明言し、香川の所属元であるドイツ1部ドルトムントとの交渉に自信満々だ。新たな日本代表クラスの獲得も浮上しており、トルコの名門クラブが急速な“日本化”を進めている。

     3月中旬に来日したベシクタシュのオルマン会長は本紙の取材に「(保有権を持つ)ドルトムントと交渉を始める。完全移籍で複数年契約を結びたい」と猛アタックを予告。今季終了後までの期限付き移籍となっている日本代表の10番の獲得に自信を見せた。

     熱烈ラブコールは口だけではない。ドルトムントと2020年6月末まで契約を残す香川の移籍金は800万ユーロと高額だが、同会長は「資金的な用意もある」と不敵な笑みを浮かべた。一般的に移籍金交渉で満額を提示するクラブは皆無と言われる。それでもベシクタシュをサポートしている代理店関係者は「他のクラブが出さなそうな高額を提示して獲得に動くと聞いている」と言う。

     実際、同会長は来日にマーケティング担当の責任者も同行させ、東京だけでなく大阪方面にも足を延ばして複数の日本企業と接触。スポンサー獲得に向けた交渉も急ピッチで進めた。しかも2ゴールで衝撃のベシクタシュデビューを飾った香川がトルコ国内で“スター化”していることが大きなプラス材料となり、資金の工面も順調だったという。

     ベシクタシュが電光石火の早業で好条件を提示するのは、香川争奪戦を制するためだ。1月末が締め切りだった冬の移籍市場で同クラブに加入したものの、直前まではフランス1部モナコ入りが有力視されていたように獲得に興味を示すクラブは多い。また、香川自身もスペイン行きを希望していたこともあり、先にクラブ間で合意を取り付けてライバルをけん制する狙いがある。

     トルコの名門は、さらなる日本選手の獲得にも色気を見せている。トルコ紙「サバハ」など複数の地元メディアが、元日本代表MF清武弘嗣(29=C大阪)をリストアップしたと報道。さらに同国メディア「SPORX」は、日本代表DF室屋成(24=FC東京)の獲得に動いていると報じた。

     すでに損保ジャパン日本興亜からサポートを受けている。さらなる日本企業の支援を引き出すための戦略で、ベシクタシュの“日本化”は加速しそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000037-tospoweb-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【朗報】<ベシクタシュ・オルマン会長> 香川完全移籍に約10億円準備!!】の続きを読む


    香川真司が求めるサッカーの本質「ゴールを取らないと僕たちは意味がない」 - Goal.com
    日本代表MF香川真司が、ボリビア戦へ向けて意気込みを語っている。 ロシア・ワールドカップ以降初めて日本代表に招集された香川。22日のコロンビア戦では65分から ...
    (出典:Goal.com)


    ボリビア多民族国 Estado Plurinacional de Bolivia(スペイン語) Bulibiya Suyu(ケチュア語) Buliwiya Mama Llaqta(アイマラ語) 国の標語:La unión es la fuerza! (スペイン語: 統一は力なり) 国歌:ボリビアの国歌
    64キロバイト (7,322 語) - 2019年3月21日 (木) 10:25



    (出典 f.image.geki.jp)


    平成最後の代表戦。最後は、ゴールで締めてくれ!!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/25(月) 05:40:52.69 ID:jGKfNN0u9.net

    国際親善試合 日本―ボリビア ( 2019年3月26日 ノエスタ )

    日本代表は24日、26日のボリビア戦に向け決戦の地ノエスタで練習を行った。0―1で敗れた22日のコロンビア戦から大幅な選手の入れ替えが予想される中、
    「10番」復権を目指すMF香川真司(30=ベシクタシュ)はトップ下で森保ジャパン初先発が確実。
    平成生まれで最初に日の丸をつけた香川が、出身地の神戸で真価を発揮して平成最後の代表戦を締めくくる。

    平成最後の代表戦を飾るのは、この男以外いない。08年5月24日のコートジボワール戦で、平成生まれ初のA代表デビューを飾った香川だ。
    ここ10年、サッカー界を本田らとともにリードしてきた象徴。
    期待される時代を締めくくるゴールに関しては「考えていなかった。書き手の皆さんに任せます!」と苦笑いを浮かべるものの、
    「結果が全て。最終的に絶対勝つというところを示していきたい」と結果への強いこだわりを示した。

    背番号10をつけての国際Aマッチは、ボリビア戦でちょうど80試合目。
    背番号10については「もう100回ぐらい聞かれている」とこれまた苦笑いも、「番号というより勝つためにやる。そこが一番大事だし誇り」と強調。
    「いつもの番号をつけて(試合に)出るのはありがたい。そこの期待に応えられるように。
    そういう番号だと思っている」ときっぱりと話した。復権へ、「10番」を長年背負ってきた香川にその覚悟は十分ある。

    イメージもできている。途中出場したコロンビア戦は既にVTRで分析。
    「攻撃のところは修正するために話をしました」と新戦力らとも積極的にコミュニケーションを図った。
    「周りの若い選手を自分が生*ことで、自分のストロングも出せると思う」。森保監督が期待する経験値を、若手に注入して自らも輝く“新スタイル”も頭に描く。

    神戸出身の香川にとって、ボリビア戦は地元での試合。ノエスタは13年2月6日のラトビア戦で2アシストを記録しており相性もいい。
    「久々に来ましたけど良いスタジアム」。香川が平成最後の代表戦で輝きを放ち、新たな時代の扉を開ける。

    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/03/25/kiji/20190325s00002014016000c.html
    2019年3月25日 05:30


    【<香川真司>地元で平成最後の代表戦。10番復権へボリビア戦先発確実!!】の続きを読む


    「ベシクタシュに残りたい」ドルトムントからレンタルの香川真司がトルコ残留を希望か - Goal.com
    香川真司がベシクタシュ残留を望んでいるようだ。『Haberturk』や『Fanatik』をはじめトルコメディアがこぞって報じている。今冬の移籍市場でドルトムントから今シーズン終了 ...
    (出典:Goal.com)


    ベシクタシュ(Beşiktaş)は、トルコ共和国のイスタンブール県に属する行政区のひとつ。イスタンブール広域市のヨーロッパ側にあり、ボスポラス海峡に面する。 中心地区のベシクタシュはビザンツ帝国期以来の港町で、現在もボスポラス海峡を横断する定期船のターミナルである。オスマン帝国時代には、この町に海軍
    2キロバイト (231 語) - 2018年10月13日 (土) 08:52



    (出典 soccer-time.net)


    いい話じゃん。

    1 Egg ★ :2019/03/21(木) 21:22:01.95 ID:cek1XGdA9.net

    ベシクタシュは、現在ドルトムントからローン移籍で加入している日本代表MF香川真司の買い取りを希望しているようだ。トルコ『Turksih Football』など、複数メディアが伝えている。

    今季前半戦はドルトムントで構想外となり、出場機会を失っていた香川。1月のマーケットでベシクタシュへと6カ月の期限付き移籍で加入すると、デビュー戦でいきなり2ゴール。これまで6試合に出場して3ゴール1アシストを記録するなど、コンディションを取り戻している。

    トルコの地で活躍を見せる香川に対し、ベシクタシュ側も完全移籍での獲得を希望しているようだ。『Turksih Football』によると、ドルトムントとの契約には買い取りオプションは付帯していないものの、クラブ会長は競技的な面、そして商業面の両方から獲得を熱望している模様。

    会長は「カガワには残って欲しい。うまくいけば、契約を結ぶことになる。彼には完全移籍を望んでいることを伝えた。シーズン終わりまでに合意できることを望んでいる」と語ったようだ。

    同メディアによると、ベシクタシュは日本の市場をターゲットにしており、直近では複数の日本企業ともスポンサー契約を結んだという。さらに、会長と幹部は1週間に渡って日本に滞在していたようだ。

    ベシクタシュ移籍前には、スペインへの憧れを公言していた香川。来季以降の去就は、どうなるのだろうか。

    3/21(木) 21:03配信 goal
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00010023-goal-socc


    【【朗報】<ベシクタシュ会長>香川真司の完全移籍希望!「カガワには残って欲しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ