蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ: サッカーニュース


    韓国代表から引退するク・ジャチョルが最後のミックスゾーンで語ったこと|スポーツソウル日本版 - スポーツソウル日本版
    韓国とカタールのアジアカップ準々決勝が終わった後、試合会場であるシェイク・ザイード・スタジアムのミックスゾーンでは、肩を落とした韓国代表の選手たちが取材陣と話を ...
    (出典:スポーツソウル日本版)


    具慈哲 (ジャチョルからのリダイレクト)
    具 慈哲(ジャチョル、朝: 구자철, 1989年2月27日 - )は、大韓民国・忠州市出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・FCアウクスブルク所属。元韓国代表。ポジションはミッドフィールダー。 輔仁高等学校卒業後、2007年に18歳で済州ユナイテッドFCでデビュー。1年目から16試合に出場し1得
    17キロバイト (932 語) - 2019年1月27日 (日) 08:25



    (出典 img.footballchannel.jp)


    どのクラブ?

    1 Egg ★ :2019/05/22(水) 06:31:47.64 ID:IsS90Uxs9.net

    ブンデスリーガのアウクスブルクに所属する元韓国代表MFのク・ジャチョルに、アジア帰還の可能性が浮上している。

     独老舗サッカー専門誌『kicker』が「ク・ジャチョルはアウクスブルクでの通算5年6か月(のプレー)に区切りをつけ、退団する意向のようだ」と報じた。

     ク・ジャチョルは、ヴォルフスブルクに所属していた2012年1月、レンタルでアウクスブルクに加入し1年半プレーした。その後いったん保有元に戻り、マインツを経て、再びアウクスブルクのユニホームに袖を通したのが15年8月。今度は完全移籍で、その後4年に渡ってチームを支えた。

     同誌によれば、ク・ジャチョルはこの6月で契約が満了するため、マーティン・シュミット監督の希望もあり、クラブ側から契約延長のオファーを受けていた。だが、交渉は難航し、合意は難しい状況だという。

     ク・ジャチョルは引き続きブンデスリーガでのプレーを望んでいるようだ。だが、クラブ名は明かされていないものの、すでに日本と中国から具体的なオファーが届いているという。ドイツ国内で納得のいくオファーが来ない場合には、Jリーグ入りを選ぶ可能性もある。

     アスクスブルク残留を望んだように、30歳になったとはいえ、まだまだ老け込む年ではない。ブンデスリーガで約8年半プレーしてきた実力者の去就に、注目が集まる。

    5/22(水) 5:44配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00058910-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【元韓国代表ク・ジャチョルにJリーグ行きの可能性が浮上!クラブとの契約交渉が難航】の続きを読む


    バルセロナ、アヤックス19歳主将獲得間近か。プレミア勢は動かず? - フットボールチャンネル
    アヤックスのDFマタイス・デリフトの去就が注目されている。英『スカイ・スポーツ』がバルセロナ行きが濃厚と伝える一方で、スペイン『アス』は簡単にはいかないとみているよう ...
    (出典:フットボールチャンネル)


    マタイスリフト(Matthijs de Ligt、1999年8月12日 - )は、オランダ・南ホラント州ライデルドルプ出身のサッカー選手。オランダ代表。エールディヴィジ・AFCアヤックス所属。ポジションはディフェンダー。オランダ語での発音は“・リヒトゥ”、“・リヒツ”が近い。
    4キロバイト (188 語) - 2019年5月19日 (日) 03:40



    (出典 f.image.geki.jp)


    大丈夫か?

    1 Egg ★ :2019/05/21(火) 00:22:56.02 ID:gV0Vj6ut9.net

    アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは今夏の移籍市場でバルセロナへと移籍することを決断したようだ。
    20日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

    デ・リフトは今シーズン、アヤックスとともに国内2冠を達成し、チャンピオンズリーグでも準決勝まで勝ち上がるなど、好パフォーマンスを連発してきた。
    多くのビッグクラブの注目を集めていたが、最終的にバルセロナへと移籍することを決断した模様だ。

    同じくアヤックスに所属しているオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングは1月の移籍市場ですでにバルセロナ移籍を決断。
    事前契約を締結し、今夏の移籍市場で正式に加入することとなる。デ・リフトは同選手の後を追うような形でスペイン行きを果たすようだ。

    他にもマンチェスター・Cやマンチェスター・Uなどがデ・リフトの獲得に関心を示していた。しかし、最終的に同選手はバルセロナ行きを決意。
    一部メディアによると、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとともにプレーすることを望んでスペイン移籍を決断したという。

    5/20(月) 23:57配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00939347-soccerk-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【オランダ代表デ・リフト今夏のバルサ行きを決意か…】の続きを読む


    ボリビア1部で試合中に心臓発作で倒れた主審が死亡 “悲劇の瞬間”映像に広がる衝撃 - Football ZONE web
    ボリビア1部の試合で、主審が試合中に倒れて死亡した。現地時間19日に行われたクラブ・オールウェイズ・レディ対オリエンテ・ペトロレテの試合で、主審を務めたビクトル・ ...
    (出典:Football ZONE web)


    ボリビア多民族国 Estado Plurinacional de Bolivia(スペイン語) Bulibiya Suyu(ケチュア語) Buliwiya Mama Llaqta(アイマラ語) 国の標語:La unión es la fuerza! (スペイン語: 統一は力なり) 国歌:ボリビアの国歌
    64キロバイト (7,847 語) - 2019年4月7日 (日) 15:13



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    マジか・・・

    1 THE FURYφ ★ :2019/05/21(火) 11:00:03.52 ID:gqVFWGF69.net

    ボリビアで衝撃的な出来事が起きた。英『BBC』によると、主審が試合中に心臓発作で倒れ、病院に搬送されたが、
    その後に死亡が確認されたという。

    19日、ボリビア1部リーグでオールウェイズ・レディとオリエンテ・ペトロレロが対戦。後半2分、この試合の主審を務めていた
    ビクター・ウーゴ・ウルタド氏がボールとは関係ないところで突然ピッチに倒れ込んだ。

    すぐさま両チームの選手やドクターが駆けつけ、病院へ救急搬送。しかし、その後に再び致命的な発作が起こり、
    ウルタド氏は息を引き取ったという。

    同紙によると、この試合はボリビアの首都ラパスに隣接するエル・アルトにあるムニシパル・スタジアムで行われ、
    その標高は海抜3900メートルだったという。

    これを受けて、ボリビアのフアン・エボ・モラレス・アイマ大統領はツイッターで「我々はレフェリーのビクター・ウーゴ・ウルタドに
    追悼の意を表したい。あなたの家族、友人、そして仲間たちと誓う。ボリビアサッカー界は深い悲しみに包まれている」と
    綴っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-43467241-gekisaka-socc


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】ボリビア1部で悲劇...主審が試合中に倒れて帰らぬ人に!?】の続きを読む


    マドリー移籍か、パリSGへの暗黙の要求か――エムバペの「爆弾発言」が波紋を広げる!【現地発】 - サッカーダイジェストWeb
    5月19日(現地時間)に開催されたリーグ・アンの年間アワードで、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エムバペが、今シーズンのリーグ年間MVPと最 ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    の発音と、当人の出生地のフランス語の発音との対立があるという。結果、「エムバペ」「ムバペ」「ンバペ」「エンバペ」「ムバッペ」など、多様なカタカナ表記がある。 1998年12月20日にパリ19区で誕生。父親のウィルフレッド・エムバペはカメルーン出身のサッカー指導者でキリアンが所属した最初のクラブ
    25キロバイト (2,228 語) - 2019年5月21日 (火) 03:54



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続編に期待!

    1 豆次郎 ★ :2019/05/21(火) 11:10:19.71 ID:WeZ2Qsg69.net

    5/21(火) 10:33配信
    移籍騒動で火消し? PSG、仏代表FWムバッペ残留を公式発表「この物語は来季も続く」

    今季ダブル受賞のムバッペ、移籍をほのめかす発言で話題となるもクラブが声明発表

     フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)は、ビッグクラブへの移籍の噂が絶えないフランス代表FWキリアン・ムバッペが来季もクラブに残留すると声明を発表した。


     ムバッペは今季リーグアンで32得点を挙げて得点王となり、PSGのリーグ優勝に大きく貢献した。リーグの年間最優秀選手賞、年間最優秀若手選手賞をダブル受賞とタイトルを総なめにした。

     しかし、その授賞式の場でムバッペは「僕のキャリアはターニングポイントを迎えている」「より大きな責任を背負う時がきたとも感じている。それがPSGであれば大きな喜びだ。あるいは、どこか別の場所での新しいプロジェクトになるかもしれない」などと発言し、移籍をほのめかしているのではと話題になった。

     この移籍騒動の火消しを行うかのように、PSGはムバッペに関する公式声明を発表。「パリ・サンジェルマンとキリアン・ムバッペはこの2年間、非常に強い関係で結びついてきた。この物語は来季も続く」と公にエースの残留を主張した。

     ムバッペはレアル・マドリードなどメガクラブが狙っていると再三に渡って報道されている。しかし、PSGとの契約は2023年まで残っており、20歳の神童は来季も花の都パリでプレーを続けることが確実となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00190347-soccermzw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】PSG、仏代表ムバッペ残留を公式発表!「この物語は来季も続く」】の続きを読む


    何がエジルを代表引退に追い込んだのか ドイツとトルコのかくも複雑な関係 - Asahi Shimbun GLOBE
    「勝てばドイツ人、負ければ移民」「試合に勝てば僕はドイツ人で、負ければ移民だ」 ドイツ代表として活躍してきたサッカー選手メスト・エジル。トルコ系ドイツ人の彼は今年7 ...
    (出典:Asahi Shimbun GLOBE)


    メスト・エジル(Mesut Özil, 1988年10月15日 - )は、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェン出身のサッカー選手。元ドイツ代表 アーセナルFC所属。ポジションはMF。主にオフェンシブミッドフィルダーとしてプレーしている。トルコ系移民の3世で、両親はともに黒海
    43キロバイト (4,038 語) - 2019年5月12日 (日) 11:48



    (出典 portal.st-img.jp)


    ドイツとトルコ・・・

    1 みつを ★ :2019/05/20(月) 22:06:30.36 ID:WA4T2ICA9.net

    https://www.afpbb.com/articles/-/3225855?act=all

    エジルがトルコ大統領の夕食会参加、過去に母国ドイツで批判も
    2019年5月20日 16:06 
    発信地:アンカラ/トルコ [ トルコ 中東・北アフリカ ドイツ ヨーロッパ ]

    【5月20日 AFP】サッカー元ドイツ代表のメスト・エジル(Mesut Ozil)が18日夜、トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領との夕食会に出席した。エジルは過去にもエルドアン大統領と面会したことが問題視されてたびたび物議を醸しており、再び批判の的になりかねない事態となっている。

     イングランド・プレミアリーグのアーセナル(Arsenal)に所属するエジルはこの日、トルコ・イスタンブールのドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce Palace)で行われたイフタールの夕食会に参加した。イフタールとは、イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」の日没後の食事のこと。

     トルコメディアで報じられた写真では、エジルがエルドアン大統領の両横を婚約者のアミネ・ギュルシェ(Amine Gulse)さんと挟む形で座り、笑みを浮かべる姿が確認された。

     別の写真では、エジルと元ミス・トルコのギュルシェさんがエルドアン大統領と同じ部屋で座っている写真が捉えられている。またこの場には、トルコ大統領府通信局のファフレッティン・アルトゥン(Fahrettin Altun)局長も同席していた。

     トルコにルーツを持つエジルは3月、夏に予定している結婚式にエルドアン大統領を招待したことを受け、批判を浴びた。エジルは昨年にも大統領と写真を撮影したことで物議を醸し、その時はドイツ国内で人種差別の被害に遭っている。

     2018年5月にエルドアン大統領と面会して以降、ドイツへの忠誠心を疑問視されたエジルは、昨年のW杯ロシア大会(2018 World Cup)で惨敗した後に代表チームを引退。ドイツサッカー連盟(DFB)の中で人種差別があったと訴えたが、連盟側は否定していた。(c)AFP


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    【【サッカー】元ドイツ代表のエジルがトルコ大統領の夕食会参加←また批判されるぞ?】の続きを読む

    このページのトップヘ