蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:元日本代表 > 長谷部誠


    フランクフルトの中心にいる長谷部誠は「また新しい経験をしている」 - Sportiva
    フランクフルトがベンフィカを下し、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出を決めた。 アウェーでの第1戦は、退場者を出したこともあり、4-2で敗れていた。だが、チームも長谷部 ...
    (出典:Sportiva)


    これらの課題を解決するための施策として、UEFAチャンピオンズリーグ本大会グループリーグ3位敗退組(そのほかUEFAチャンピオンズリーグ予選プレーオフ敗退組、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦敗退組)のUEFAヨーロッパリーグへの参加を可能とすることで、例えば近年ではマンチェスター・シティ、
    51キロバイト (3,289 語) - 2019年4月19日 (金) 14:24



    (出典 www.sankei.com)


    現役レジェンド・・

    1 Egg ★ :2019/04/20(土) 10:09:50.81 ID:O3D08TDO9.net

    ■UEFA公式サイトが公開、最多はバレンシア勢で4人

    フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠は、現地時間18日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ベンフィカとの第2戦に先発出場し、ホームでの2-0勝利に貢献。
    チームは2戦合計スコアを4-4とし、アウェーゴール数の差で準決勝進出を決めた。その他にチェルシー、アーセナル、バレンシアがベスト4に進出したなか、
    UEFA公式サイトは準々決勝第2戦の4試合からベストイレブンを発表し、長谷部がセンターバック(CB)として堂々選出されている。

    発表された準々決勝第2戦のベストイレブンは4-2-3-1の布陣で、最多はビジャレアルを2-0で破ったバレンシア勢で4人。
    長谷部が所属するフランクフルト勢が3人で続き、チェルシー勢が2人、そのチェルシーから3ゴールを奪う健闘を見せながら3-4で敗れたスラビア・プラハからも2人が選ばれ、逆にベスト4進出チームながらアーセナルからは1人も入らなかった。

    ホームでの無失点勝利に貢献した長谷部は、右サイドバックを務める同僚DFダニー・ダ・コスタとともに4バックに入り、バレンシアのDFムクタール・ディアカビとCBコンビを組んでいる。
    日本代表などではボランチとして実績を積んできた長谷部だが、フランクフルトでは“リベロ”として最終ラインでの地位を確立。35歳にして新境地を切り拓くなか、欧州カップ戦の舞台で質の高いパフォーマンスが認められる形となった。

    UEFA公式サイトで発表された、準々決勝第2戦のベストイレブンは以下のとおり。

    GK
    ネト(バレンシア/ブラジル代表)

    DF
    ダニー・ダ・コスタ(フランクフルト/ドイツ)
    ムクタール・ディアカビ(バレンシア/フランス)
    長谷部誠(フランクフルト/元日本代表)
    ラト(バレンシア/スペイン)

    MF
    トマーシュ・ソーチェク(スラビア・プラハ/チェコ代表)
    ダニエル・パレホ(バレンシア/スペイン代表)
    フィリップ・コスティッチ(フランクフルト/セルビア代表)
    ペトル・シェフチーク(スラビア・プラハ/チェコ)
    ペドロ・ロドリゲス(チェルシー/スペイン代表)

    FW
    オリビエ・ジルー(チェルシー/フランス代表)

    Football ZONE web / 2019年4月20日 6時10分
    https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_183964/


    【<リベロ・長谷部>35歳にして新境地を切り拓く。「EL週間ベスト11」にセンターバック(CB)として選出!!】の続きを読む


    UEFAヨーロッパリーグ(英: UEFA Europa League)は、欧州サッカー連盟(UEFA)の主催で毎年9月から翌年の5月にかけて行われる、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 それまで行われていたUEFAカップ(英: UEFA Cup)の名称と大会形式が一新され、2009-10
    51キロバイト (3,289 語) - 2019年3月20日 (水) 14:48



    (出典 portal.st-img.jp)


    これ優勝いける?

    1 シコリアン ★ :2019/04/19(金) 06:17:22.68 ID:FP/Ghmoh9.net

    【スコア】
    フランクフルト 2-0(2試合合計:4-4) ベンフィカ
    ※アウェイゴール数によりフランクフルトが準決勝進出

    【得点者】
    1-0 36分 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
    2-0 67分 セバスティアン・ローデ(フランクフルト)


     ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、フランクフルトとベンフィカが対戦した。

     11日に行われたアウェイのファーストレグで2-4の敗戦を喫したフランクフルトは36分、ミヤト・ガチノヴィッチが放ったシュートのこぼれ球にフィリップ・コスティッチが反応。左足で冷静に押し込んで先制点を決めた。

     後半に入ると67分、エリア前でアンテ・レ*のパスからセバスティアン・ローデのシュートが決まり、2点目を手にした。

     その後、ベンフィカの猛攻を凌いだフランクフルトが2-0で勝利。2戦合計スコアを4-4とし、アウェイゴール2点を奪ったフランクフルトがベスト4進出を果たした。

     準決勝ファーストレグは5月、フランクフルトはスラヴィア・プラハに勝利したチェルシーとホームで対戦する。


    ◆ナポリ 0-1 アーセナル (2試合合計:0-3)
    36分 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)

    ◆チェルシー 4-3 S・プラハ (2試合合計:5-3) 
    5分 1-0 ペドロ(チェルシー)
    10分 2-0 オウンゴール(チェルシー)
    17分 3-0 ジルー(チェルシー)
    26分 3-1 ソウチェク(プラハ)
    27分 4-1 ペドロ(チェルシー)
    51分 4-2 シェフチク(プラハ)
    54分 4-3 シェフチク(プラハ)

    ◆バレンシアCF 2-0 ビジャレアル (2試合合計:5-1) 
    トニ・ラト(前半13分)
    ダニエル・パレホ(後半9分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00929457-soccerk-socc


    【凄いぞ長谷部!フル出場で勝利に貢献。フランクフルトが大逆転でEL4強!!】の続きを読む


    EL UEFAヨーロッパリーグ(旧UEFAカップ)の略称。 セム語派における神をあらわす言葉。エール。 el-日本のロックバンド。 エアーニッポンのIATA航空会社コード ギリシャ語のISO 639-1言語コード 京成電鉄のイブニングライナーの略称。 気象学における平衡高度の略称。 Expression
    2キロバイト (229 語) - 2017年4月22日 (土) 00:06



    (出典 img.mixi.net)


    まだ、19歳か・・

    1 豆次郎 ★ :2019/04/12(金) 05:59:54.10 ID:qj61BXq99.net

    4/12(金) 5:54配信
    長谷部誠所属のフランクフルト、敵地でベンフィカに2-4敗戦。EL準々決勝1stレグ

    【ベンフィカ 4-2 フランクフルト EL決勝トーナメント準々決勝1stレグ】
     
     現地時間11日にヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント準々決勝1stレグが行われ、フランクフルトはベンフィカと対戦した。試合はアウェイのフランクフルトが2-4で敗れた。フランクフルトの長谷部誠はフル出場を果たした。

     試合は両チームとも大きなチャンスを作れず迎えた21分、フランクフルトDFヌディカがフェルナンデスをペナルティーエリア内で倒しレッドカード、続くPKをフェリックスに決められフランクフルトがリードを許す。

     一人少ないフランクフルトだが40分に同点に追いつく。ロデが相手陣地でボールを奪うとそこから素早いカウンターからレ*がペナルティーエリア内でフリーのヨ*にパスを送りそのままダイレクトで合わせゴールを決める。

     同点に追いついたフランクフルトだったが、2分後に再びベンフィカのフェリックスにこの日2得目となるミドルシュートを決められてしまいがリードを許しハーフタイムへ。

     後半に入り最初のチャンスはベンフィカ、50分に右CKからのこぼれ球をジアスが頭で押し込みリードを広げる。これで勢いに乗ったベンフィカ4分後にフィリックスがハットトリックとなるゴールを右足で決め試合を決定づける。しかしフランクフルトも72分にパシエンシアがヘディングでゴールを決め2ndレグに向け貴重な2点目を挙げる。

     このまま試合は終了、2-4で敗れたフランクフルトは18日に行われるホームゲームで逆転での勝ち抜けを目指す事になる。

    【得点者】
    21分 1-0 フェリックス(ベンフィカ)
    40分 1-1 ヨ*(フランクフルト)
    43分 2-1 フェリックス(ベンフィカ)
    50分 3-1 ジアス(ベンフィカ)
    54分 4-1 フェリックス(ベンフィカ)
    72分 4-2 パシエンシア(フランクフルト)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00317400-footballc-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【<長谷部誠>数的不利でDFにシフトし奮闘も・・ベンフィカに4点決められ大敗。】の続きを読む


    長谷部誠、独誌で最高タイの評価&ベスト11!フィールドプレーヤー平均点ランキングでは… - Goal.com
    フランクフルトは6日に行われたブンデスリーガ第28節でシャルケと対戦し、2-1での勝利を収めた。ドイツ誌『キッカー』は先発フル出場を果たした元日本代表MFの長谷部誠 ...
    (出典:Goal.com)


    フランクフルトである。サッカー部門が特に知られており、ドイツサッカーリーグ機構(ブンデスリーガ)に加盟する。 1899年3月8日に“フランクフルトサッカークラブ・ビクトリア1899がフランクフルトの前身として設立され、同年、フランクフルトサッカークラブ・キッカー
    63キロバイト (1,494 語) - 2019年3月21日 (木) 18:06



    (出典 www.nikkei.com)


    このままCL行けたらいいな・・

    1 Egg ★ :2019/04/07(日) 21:30:59.96 ID:Q+SZ/akf9.net

    <ブンデスリーガ:シャルケ1-2フランクフルト>◇6日◇ゲルゼンキルヘン

    MF長谷部誠が所属するフランクフルトがアウェーでシャルケに2-1で競り勝ち、欧州チャンピオンズリーグ圏の4位を守った。

    フランクフルトは前半13分、MFコスティチのスルーパスでFWレ*がフリーで抜け出し、相手GKもかわして右足で流し込んで先制。同21分にセットプレーから同点に追いつかれたが、
    後半ロスタイム、コスティチの左足ミドルシュートが相手ハンドを誘ってPKを獲得。これをFWヨ*が右足で豪快に決め、土壇場で勝ち越した。

    長谷部は3バックの中央でフル出場し、勝利に貢献した。
    リーグ6連勝のフランクフルトは15勝7分け6敗で勝ち点を52とし、1試合消化の少ない5位ボルシアMGに暫定5差をつけて4位を守った。3位ライプチヒとは3差。

    2019年4月7日11時6分
    https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201904070000104.html

    写真

    (出典 www.nikkansports.com)


    スコア
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11157935


    【<元日本代表・長谷部誠>シャルケに劇的勝利でチームは6連勝。欧州CL圏の4位守る!】の続きを読む


    長谷部誠が持つ"勝つためのメンタリティ"が垣間見えた試合とは|スポーツ - ホミニス
    4月2日放送の『日本人を応援せよ!!Football TimeLine』#25では、「月刊!! ハセベマコト」のコーナーが放送され、長谷部誠がブンデスリーガのシーズン終盤戦 ...
    (出典:ホミニス)


    長谷部 (はせべ まこと、1984年〈昭和59年〉1月18日 - )は、日本のプロサッカー選手。静岡県藤枝市出身。ポジションは、ミッドフィールダー、ディフェンダー。ブンデスリーガ・アイントラハト・フランクフルト所属。元日本代表。著名な親族としては妻・佐藤ありさ(タレント等)がいる。
    50キロバイト (5,448 語) - 2019年4月3日 (水) 03:50



    (出典 www.theworldmagazine.jp)


    長谷部、評価されすぎw

    1 久太郎 ★ :2019/04/08(月) 18:26:55.75 ID:SsMOGsH89.net

    フランクフルトは15試合負けなし
    フランクフルトは6日に行われたブンデスリーガ第28節でシャルケと対戦し、2-1での勝利を収めた。ドイツ誌『キッカー』は先発フル出場を果たした元日本代表MFの長谷部誠のプレーにチーム最高タイの評価を与え、第28節のベストイレブンにも選出している。

    フランクフルトは13分にFWアンテ・レ*が先制弾を奪うと、21分には追いつかれるも、後半アディショナルタイムに得たPKをFWルカ・ヨヴィッチが決め切り、白星を手にした。長谷部はリベロとして幾度も攻撃の起点となり、大きな存在感を発揮。またチームはこれでリーグ戦6連勝、今年に入ってからの負けなし記録を公式戦15試合に伸ばし、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に前進した。

    『キッカー』は長谷部のこの一戦でのパフォーマンスにDFマルティン・ヒンターエッガーと並びチーム最高タイの「2」と高く評価。さらに長谷部は、フランクフルト唯一のメンバーとして第28節ベストイレブンにも選ばれた。一方で、レ*や戦列復帰のDFダビド・アブラーム、MFジェルソン・フェルナンデスは「2.5」。GKケヴィン・トラップは「3.5」と低めの点数をつけられ、前半のみで交代となったMFジョナサン・デ・グスマンは単独ワーストの「4.5」と辛口評価となった。

    長谷部の『キッカー』での今シーズンの平均点はこれで「2.77」に。ブンデスリーガ全フィールドプレーヤーを対象とする平均点ランキングではアウクスブルク戦でハットトリックを達成したホッフェンハイムFWイシャク・ベルフォディルが「1」と最高点を与えられ、平均点が「2.75」となり首位に浮上。そのため長谷部は前節に続き2位をキープ。なお前節には首位に躍り出たボルシア・ドルトムントMFマルコ・ロイスはバイエルン・ミュンヘン戦でのプレーが「5」と酷評され、「2.89」となったため順位では9位タイに転落した。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00010021-goal-socc


    【<長谷部誠>独誌で最高タイの評価&ベスト11!フィールドプレーヤー平均点ランキングは・・】の続きを読む

    このページのトップヘ