蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ: J1


    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
    バルセロナからMFイニエスタら豪華メンバーを引き入れた神戸が、J2降格圏の一歩手間でもがいている。4月14日のJ1・7節の広島戦を2―4で落としてからカップ戦2試合 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    ヴィッセル神戸ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、1997年にJリーグへ加盟した。ホーム
    99キロバイト (8,765 語) - 2019年5月12日 (日) 16:34



    (出典 img.hmv.co.jp)


    取材に行け

    1 Egg ★ :2019/05/25(土) 08:34:31.07 ID:p+oKVx069.net

     「神の名を持つギロチン」との異名をとった名物会長がいる。ヘスス・ヒル。16年間にわたってAマドリードの会長を務めた彼は、在位期間中に26人もの監督を起用した。
     監督たちからすると、ヒル会長は諸悪の根源にも思えたはずである。確かにカネは出すのだが、采配や選手起用を批判してくることもあれば、現場の意向とは関係なく新戦力を獲得してくることもある。選手の立場からすれば誰が本当のボスかは一目瞭然で、となれば、監督の言葉など響くはずもない。オーナーからの寵愛(ちょうあい)を笠(かさ)に着て反抗的な態度をとる選手も現れる。結局、潤沢な資金力を誇りながら、ヒル会長の在任中、Aマドリードがリーガを制したのは1回だけだった。

     強権を持ったオーナーといえば、チェルシーのアブラモビッチの名前も思い浮かぶ。ただ、チェルシーとAマドリードに違いがあったとすれば、それはオーナーの存在を選手に意識させないほどのカリスマを監督に据えた、ということだろう。モウリーニョという人物の存在が、ともすれば指揮系統の混乱が起こりがちな絶対的なオーナーの存在を、マイナスにしなかったのである。

     ミラノの2チーム、そしてユベントスも、オーナーの存在が大きなチームだが、そのことが選手たちを混乱させたという話はあまり聞かない。成績次第で更迭されることがあるのはもちろんとしても、それはどこのクラブでもあること。サッキのようなカリスマ、ザッケローニのような実務家など、様々(さまざま)なタイプが起用されたことを考えると、オーナーとチームの関係についての知見が蓄えられている、ということもできる。

     私事で恐縮だが、わたしも以前、FC琉球というチームのスーパーバイザーをさせていただいたことがある。個人的には得ることが山ほどあった数年間だが、いまから思うと、わたしの存在はチームにとってマイナスでしかなかった。

     というのも、わたしは現場のやり方に口を出した。戦い方が違う。方向性が違う。もちろんよかれと思ってやったことなのだが、現場の選手や監督からすると、大きなお世話でしかない。しかも、わたしがオーナーと近しい関係にあることは、誰もが知っていた。監督につくか。わたしにつくか。これではチームがまとまるはずがないし、実際、ほとんどの監督とわたしの関係は険悪になって終わった。唯一の例外が、代表監督時代には犬猿の仲だったトルシエだったのは皮肉である。

     さて、ヴィッセル神戸が大変なことになっている。外部の人間としてその内情は知るよしもないが、混乱状態にあるのは間違いない。

     GW明けには吉田監督が記者会見で三木谷会長の現場介入を全面的に否定した。だが、問題なのは介入しているかいないか、ではなく、そう見る人がいる、ということである。いくら彼が否定したところで、疑念をかきたてるだけでしかない。

     もし疑念を打ち消したいのであれば、オーナー自らが「していない」あるいは「もうしない」というしかない。実際のところはどうであろうが、である。

     あるいは、介入などありえないと周囲が納得する、カリスマを招聘(しょうへい)するか――。(金子達仁氏=スポーツライター)

    2019年05月25日 06:00スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20190524s000023CF293000c.html

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【「本当のボスは誰?」現場介入否定もヴィッセル神戸に残る疑念】の続きを読む


    ヴィッセル神戸ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、1997年にJリーグへ加盟した。ホーム
    99キロバイト (8,765 語) - 2019年5月12日 (日) 16:34



    (出典 www.sankei.com)


    ビジネスで勝つ!

    1 れいおφ ★ :2019/05/24(金) 21:57:54.48 ID:HF8emuZ39.net

    Jリーグは24日、2018年度の各クラブ(3月決算の湘南、磐田、柏、YS横浜を除く)の経営情報を開示し、
    J1神戸がリーグ史上最高営業収益となる96億6600万円を計上した。
    イニエスタの加入などで注目度が高まり、スポンサー収入や入場料収入が増えたことが要因とみられる。

    36クラブが前年より営業収益を伸ばした。

    J1とJ2では債務超過や3期連続赤字のクラブはなかった。

    J3の琉球が3期連続の赤字となったが、財務基準には抵触しないため、参加資格は失わなかった。
    青影宜典クラブライセンスマネジャーは「なかなか油断はできない。引き続き経営努力を求めたい」と述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000207-kyodonews-socc

    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【朗報】ヴィッセル神戸、営業収益がJリーグ過去最高額の96.6億円!ついに浦和を抜く】の続きを読む


    世界に散らばる「 のメッシ24人」を英紙特集 久保建英、チャナティップらに脚光 - Football ZONE web
    17歳の久保も堂々選出 「その呼び名の期待に答える最大のチャンスを持っている」. 世界各国の将来有望なタレントの中でも、特に小柄で足もとの技術に長けた選手の多くは ...
    (出典:Football ZONE web)


    チャナティップ・ソングラシン(チャナティプ・ソンクラシンとも、英: Chanathip Songkrasin、タイ語: ชนาธิป สรงกระสินธ์、1993年10月5日 - )は、タイ・ナコーンパトム県出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。Jリーグ、北海道コンサドーレ札幌所属。
    15キロバイト (1,242 語) - 2019年5月15日 (水) 00:18



    (出典 pbs.twimg.com)


    どうなんだ?

    1 Egg ★ :2019/05/24(金) 22:09:45.27 ID:zzY9dXE/9.net

    札幌との現行契約は2025年1月末までの長期
     
    今季のJ1リーグでも出色の出来を披露しているタイの英雄に、欧州行きの噂が舞い込んできた。

    タイの全国紙『Matichon』電子版が速報で伝えたのは、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ・ソングラシンに絡む移籍情報だ。
    ドイツの古豪シュツットガルトが強い関心を寄せているとされ、札幌に対して完全移籍かローン移籍かのオファーを検討しているという。

    同紙によれば、チャナティップの才能に強化サイドが惚れ込んでおり、暫定監督のニコ・ヴィリクも映像でチェック済みの模様。
    「この2年のJリーグでの活躍が目に留まった。その非凡な機動力とテクニックが高く評価されている」と説明した。
    一方で、「それもこれもシュツットガルトが1部残留を果たしてからの話だろう」と続けている。

    今季のブンデスリーガでシュツットガルトは16位に終わり、現在は2部のウニオン・ベルリンと入れ替え戦を戦っている。
    すでに第1レグが終了し、シュツットガルトは本拠地で手痛い2-2ドローを演じた。運命の第2レグは5月26日に行なわれる。
    同紙は「もし2部降格となればスカッドの顔ぶれや強化プランは著しく変化するだろう」と書き添えた。

    同紙は事の真相を突き止めるため、近々チャナティップの実父であるコンポップさんを直撃する予定だという。
    シュツットガルトはかつて岡崎慎司、細貝萌、浅野拓磨、酒井高徳が在籍した、日本のファンにとっては馴染み深いクラブだ。

    現在25歳のチャナティップは、以前から欧州挑戦に並々ならぬ意欲を示している。そして英雄の欧州5大リーグ挑戦は、タイ国民にとっての悲願でもあるだろう。
    はたして今夏のサプライズ移籍は起こるのか。チャナティップと札幌の現行契約は、2025年1月末までの長期だ。

    5/24(金) 20:07配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00010005-sdigestw-socc

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【札幌・チャナティップ、今夏にドイツ移籍!?タイ全国紙が報じる】の続きを読む


    【鳥栖】クエンカが豊田陽平にPKを譲る…ハンドを誘発して「蹴りたそう」なのに、なぜ? - サッカーダイジェストWeb
    [J1リーグ11節]鳥栖 3-1 G大阪/5月11日/駅スタ J1リーグ11節の鳥栖対G大阪が5月11日、駅前不動産スタジアムで行なわれ、ホームの鳥栖が3-1で快勝した。
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    豊田 陽平(とよだ ようへい、1985年4月11日 - )は、石川県小松市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サガン鳥栖所属。ポジションはフォワード(CF)。元日本代表。 マネジメントはエイベックス・スポーツ株式会社。 中学時代までは積極的にサッカー選手を目指していたわけではなかったが、高校受験に失
    26キロバイト (2,879 語) - 2019年5月12日 (日) 17:35



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    あれ?

    1 豆次郎 ★ :2019/05/24(金) 18:15:22.16 ID:KNzTfa4b9.net

    5/24(金) 18:01配信
    GOAL
    韓国から戻った豊田陽平が味わった衝撃的な出来事。鳥栖の象徴が描く復活への青写真

    スペイン人指揮官のルイス・カレーラス監督を招へいし、今季をスタートさせたサガン鳥栖だが、開幕から低迷。第9節までわずか1勝と苦しい戦いが続いていた。


    それでもカレーラス監督が退任し、後を引き継いだ金明輝監督のもとで好転の兆しを見せている。新監督、新キャプテン、そしてクラブの象徴が、DAZN(ダゾーン)の『Jリーグプレビューショー』のインタビューで、復調の要因と今後への決意を語った。

    守備組織の立て直しが好転の要因に


     開幕から1勝しか挙げられず、奪った得点もわずかに1。鳥栖の置かれた状況は、これ以上なく苦しいものだった。しかしクラブは5日にカレーラス監督の退任を発表。第10節の大分トリニータ戦からコーチを務めていた金明輝氏が指揮を執る。

     金監督は昨季もシーズン終盤から急遽チームを率い、降格の危機に陥ったチームを残留へ導いた実績を持つ。今季も就任直後の大分戦にこそ敗れたものの、続く第11節でガンバ大阪、第12節にはサンフレッチェ広島を撃破して2連勝を達成。最下位からの脱出に成功している。

     これまで勝てなかったチームが、なぜ連勝を実現できたのか。金監督は「選手たちの良さを引き出せれば、引き分けを勝ちに持っていったり、負けている試合を引き分けに持っていったりできるんじゃないかと、就任当初から考えていました」と語る。

     選手たちの能力を引き出すうえでポイントとなったのは、わずか1得点しか奪えていない攻撃面ではなく、守備の立て直しだった。

    「原点に戻り、しっかりとした守備組織の中から、いい攻撃をベースに作っていこうと、守備の立て直しを図りました。現時点では少しできすぎかなと思うくらい勝ちながら修正できているので、いい状態にあると思っています」

     そもそも鳥栖は守備に定評のあったチームである。その特長を取り戻したことが、好転の要因となったのは間違いないだろう。金監督就任を機にキャプテンに指名された福田晃斗も、同様の見解を示す。

    「勝つサッカーというか、現実的なところを突き詰めてやっています。勝つ手段としてポゼッションをやるところはやるし、前にはっきり蹴る時は、蹴る。そういう部分の使い分けを今はやれているし、そこをさらに徹底して磨いていければ、もっと強くなれると思います」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010021-goal-socc

    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【鳥栖の象徴・豊田陽平が描く復活への青写真とは?】の続きを読む


    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
    バルセロナからMFイニエスタら豪華メンバーを引き入れた神戸が、J2降格圏の一歩手間でもがいている。4月14日のJ1・7節の広島戦を2―4で落としてからカップ戦2試合 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    三木谷 浩史(みきたに ひろし、1965年3月11日 - )は、日本の実業家、慈善活動家。楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長でもある。新経済連盟代表理事。兵庫県神戸市出身。 コボ社取締役、楽天ブックス会長、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグ・ヴィッセル神戸オー
    20キロバイト (2,362 語) - 2019年4月27日 (土) 16:38



    (出典 portal.st-img.jp)



    1 THE FURYφ ★ :2019/05/24(金) 15:34:52.66 ID:lAAjBy1T9.net

    公式戦9連敗中の神戸・三木谷浩史会長(54)が24日、神戸市内のクラブハウスを“電撃訪問”。
    泥沼から抜け出せないチームにゲキを送った。

    三木谷会長がクラブハウスを訪れることは珍しく、来訪が決まったのも前日のことだった。
    練習前には、選手やスタッフなどを集めて「苦しい時こそチャンス。こういう時こそ前向きに、
    コミュニケーションを取って頑張っていこう」などと数分間熱弁を振るい、非公開で行われた
    練習を熱心に視察したという。チーム最年長のDF那須は「言葉に重みを感じた。勝つために
    より一層、頑張っていくしかない」と言葉に力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00000089-sph-socc


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【J1神戸・三木谷会長がクラブハウスを“電撃訪問”「選手、スタッフを集めて・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ