蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:サッカーニュース > 国外


    「子羊が勇敢な剣闘士に」17歳当時のC・ロナウドをスポルティング恩師が振り返る - Goal.com
    クリスティアーノ・ロナウドをデビューさせたスポルティング・リスボン時代の恩師が当時を振り返った。
    (出典:Goal.com)


    クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OIH(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro、1985年2月5日 - )は、ポルトガル・フンシャル出身のサッカー選手。セリエA・ユヴェントスFC所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード。
    168キロバイト (18,493 語) - 2019年3月16日 (土) 09:05



    (出典 i.pinimg.com)


    もう漫画じゃんww

    1 久太郎 ★ :2019/03/27(水) 14:00:06.06 ID:cRzXkcdh9.net

    ジェノアに所属する元ポルトガル代表MFミゲル・ヴェローゾが、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、元同僚のFWクリスティアーノ・ロナウドの逸話を語った。

    ジェノアでの3シーズン目を送るヴェローゾは、ポルトガル代表およびスポルティング・リスボンにおいて同僚だったC・ロナウドの若き日のエピソードを明かした。

    「スポルティングのスポーツセンターの寮で暮らしていたときのことで、クリスティアーノは14歳だった。翌日に学校に行かなければならないので、夜11時になると、施設の責任者は全員が就寝しているかどうか確認に巡回していた。その時間、ジムでトレーニング中のクリスティアーノを見つけたそうだよ。僕がなぜ彼に驚かないのか理解してもらえただろう」

    ヴェローゾの所属するジェノアは17日、ユヴェントスと対戦。C・ロナウドは欠場したため、2人の対決は実現しなかったが、結果は下馬評を覆して2-0とジェノアの勝利に終わった。ポルトガル人MFは、12月からチームの指揮を執るチェーザレ・プランデッリの功績を称えた。

    「最高の試合ができた。だが今シーズンで最も重要なのは次の一戦だと思う。プランデッリは難しい時期に着任したが、チームを落ち着かせてくれた。冬の中断期間にシステムを変更し、その後、重要なポイントをつかめるようになった」

    続いてジェノアMFは、補強が不十分であるとサポーターから批判の的となっている義父(妻パオラの父)エンリコ・プレツィオージ会長を擁護した。「みんなはいろんなことを言うが、お金は会長のものだ。(クシシュトフ)ピョンテクの売却金を再投資したことには誰も触れない」と嘆いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00010015-goal-socc


    【【驚愕】元同僚が語る。14歳のC・ロナウド「俺らが寝ている時間、彼はジムにいた」】の続きを読む


    ラダメル・ファルカオ・ガルシア・サラテ(Radamel Falcao García Zárate, 1986年2月10日 - )は、コロンビア・サンタ・マルタ出身のサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。コロンビア代表。ポジションはフォワード。 UEFAヨーロッパリーグで2度の得点王に輝き、コ
    47キロバイト (4,298 語) - 2019年3月22日 (金) 12:09



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    ご自由に。

    1 ニーニーφ ★ :2019/03/13(水) 02:27:15.75 ID:Gt2BqEE49.net

    フランス1部のモナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、
    サッカー選手を引退したあと野球に転向し、MLBでのプレーを目指したいという野望を語った。
    『フランス・フットボール』誌が同選手のインタビューを伝えている。

    ポルトやアトレティコ・マドリーでゴールを量産し、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーでもプレーした現在33歳のファルカオ。
    プレミアリーグでは苦戦を強いられたが、モナコに戻ってからは得点力を取り戻し、今季もここまで12ゴールを記録している。

    コロンビア代表でもエースとして活躍してきたファルカオだが、もうひとつのスポーツにも情熱を抱いているという。
    「僕はベースボールが大好きなんだ。ベネズエラで育って、子供の頃は高いレベルでプレーしていた」と仏誌のインタビューに語る。

    現役引退後には、本格的に野球をプレーすることにも意欲を見せた。
    「サッカー選手としてのキャリアを終えたあと、野球のプロ選手としてもうひとつのキャリアを始めるつもりだ」と話している。

    他のスポーツから野球に転向した例としては、バスケットボールのスーパースターであるマイケル・ジョーダン氏が有名。
    だがファルカオは“ジョーダン越え”を口にしている。

    「バスケットのあと野球をプレーしたマイケル・ジョーダンにようにやれるかもしれない。
    だが彼は一番高いレベルのメジャーリーグではプレーできなかった。僕は最初の成功例になりたい」とファルカオ。
    バスケの“神様”も成し得なかった夢を実現することを目標に掲げた。

    いずれにしても、まだしばらくはサッカー選手としてのプレーを続けることになるだろう。
    ファルカオは今月行われる国際親善試合に向けたコロンビア代表にも招集されており、昨夏のワールドカップに続いて日本代表とも再戦することが見込まれる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00312971-footballc-socc


    【<コロンビア代表>ファルカオ。引退後は野球選手? 「メジャーリーガーに俺はなる」】の続きを読む


    孫 興慜(ソンフンミン、손흥민、1992年7月8日 - )は、韓国のサッカー選手でプレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。韓国代表主将。ポジションはフォワード。 2010年より韓国代表に選出され、2018年からは代表で主将を務める。孫 興民表記の報道も見られる。
    25キロバイト (2,146 語) - 2019年2月22日 (金) 06:19



    (出典 i.ytimg.com)


    どんな経緯があるにせよ、これはないわ。

    1 久太郎 ★ :2019/03/27(水) 20:39:51.47 ID:cRzXkcdh9.net

    一体なぜ、挑発ジェスチャーを?
     現地時間3月26日、ソウルで行なわれた親善試合で、韓国代表はコロンビア代表を2-1で破った。

     南米の強豪を本拠地に迎えた韓国は、17分にエースのソン・フンミンがドリブル突破から強烈な右足でのミドルシュートを決めて先制に成功。49分にルイス・フェルナンド・ディアスの同点ゴールを許したが、58分にイ・ジェソンが左足のミドルで勝ち越しゴールをゲットした。

     その後、試合終盤にハメス・ロドリゲスとラダメル・ファルカオという両エースを投じたコロンビアの猛攻を凌ぎきって快哉を叫んだ韓国は、22日に行なわれたボリビア戦に続く連勝で代表の3月シリーズを締めくくった。

     しかし、エースが取った行動が物議を醸している。試合終了直後、ソン・フンミンがコロンビアの選手に向かって、自身の口元に手を近づけ、その手をパクパクとさせて、「お喋りだ」と言わんばかりの挑発的な仕草を見せたのだ。

     この攻撃的なジェスチャーをしたのには理由がある。遡ること2017年11月。水原で親善試合を行なった両者は激しく衝突。その最中、コロンビアのエドウィン・カルドナが、キ・ソンヨンに対して、両手で目をつり上げるアジア人への差別的行為をしたことでよりヒートアップしていたのだ。

     そうした過去の対戦からの背景もあって、熱くなったソン・フンミンが、今回のような挑発行為に及んだ可能性がある。ただ、コロンビア・メディアは韓国代表エースの仕草に怒り心頭な様子だ。

     コロンビアのテレビ局『Canal 1』は、「ソン・フンミンは自らの良い成果を台無しにした。呆れたジェスチャーだ」と酷評。さらにコロンビア紙『Publimetro』は、「酷いジェスチャーである。これが『アジアの虎』の姿である」と皮肉った。

     いかなる理由があるにせよ、ソン・フンミンの行動は弁護のしようがない。チームが強敵コロンビアとの激闘を制していただけに、後味の悪い形となった。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00010002-sdigestw-socc


    <関連スレッド>
    【サッカー】<コロンビア代表FWファルカオ>韓国に怒り狂う!医療箱投げ飛ばし行為に英紙も注目「時間稼ぎに抗議」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553684401/


    【<韓国代表>ソン・フンミンの挑発行為にコロンビア・メディアが大激怒!!「幼稚すぎる。これがアジアの虎です。」】の続きを読む


    またもイングランドの若手流出? マンCが誇る天才に向けられる熱視線|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう! - theWORLD
    またもやイングランドから期待の若手が国外へ出ていくのか。マンチェスター・シティに所属する2人のヤングスターに移籍の噂が浮上している。 英『Daily Mail』によると、 ...
    (出典:theWORLD)


    2. ブンデスリーガ(ツヴァイテ・ブンデスリーガ、独: 2. Fußball-Bundesliga)は、ドイツのプロサッカー2部リーグである。18クラブで構成される。ツヴァイテリーガともいう。 シーズン最終順位の上位2クラブは自動的にブンデスリーガ(1部)に昇格する。3位のクラブは1部16位のクラブ
    11キロバイト (306 語) - 2019年3月21日 (木) 22:47



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    サンチョ

    (出典 Youtube)


    ブンデスが強豪国の育成場になってしまうとなると、ますます日本選手の居場所が無くなるな..

    1 Egg ★ :2019/02/23(土) 07:33:35.56 ID:PdQOUTXp9.net

    ■出場機会と成長を求めてドイツへ渡る英国の若者たち

    私は先週、チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦の第1レグ、トッテナム対ドルトムント戦を観るため、ウェンブリー・スタジアムへと足を運んだ。
    私がこのゲームで注目していたのは、ドルトムントのMFジェイドン・サンチョだ。彼にとっては母国イングランド、さらに地元ロンドンへの“凱旋”となる一戦でもあった。

    現在18歳のサンチョがドルトムントへと移籍したのは16歳の頃だった。その当時から才能ある若手だと見なされてきたが、彼は新天地で能力を昇華させ、今やブンデスリーガでひと際輝くライジング・スターのひとりとなった。
    彼がシティを離れる際にサポーターたちは、「なぜこの若者はシティを離れることを選び、それにペップ・グアルディオラが“ノー!”と言わなかったのか理解できない!」と怒り混じりに困惑したものだ。

    しかし、今やイングランド出身の若手たちがブンデスリーガに渡ることは、誰にも無視できない潮流となっている。
    サンチョの後を追うように、イングランドからドイツに渡った若者たちがいる。

    ひとりは、ホッフェンハイムでプレーするリース・ネルソン。アーセナルから挑戦した彼は新天地で非常にいいスタートを切り、試合に出続けることでタフさを身に着けている。
    さらに、今年1月の移籍市場では、エミル・スミス・ロウがアーセナルからRBライプツィヒへ移籍し、上々のスタートを切った。ほかにも、ウエストハムからアウクスブルクに移動したリース・オックスフォード、
    数週間前にシティの下部組織からシャルケに渡った18歳のラビ・マトンドもいる。

    彼らはいずれも才能に満ちたイングランドの選手たちだ。しかし、なぜドイツを目指すのか? その主な理由は、プレミアリーグでは若手が経験を積んで成長するには限界があり、
    ドイツこそ格好の“育成場”であることが挙げられる。サンチョの成功は、それを裏付けている。

    イングランド出身の若手選手にとって、ドイツのサッカーはテンポと競争力においてプレミアリーグと類似点が多い。
    だが、実力さえ認められれば、いかなる年齢だろうと公式戦への出場機会を与えられる、という点においてはスターたちが各国から集うプレミアリーグよりも可能性がある。

    また、ドイツの指導者のレベルは高い。長ければ10年以上にわたってイングランドの指導者の下でプレーしてきた若手にとって、新たな指導法で成長を促すことはフレッシュな気持ちになれるだけではなく、幅広い能力開拓にも繋がるのだろう。

    ■若い選手にとって、ドイツに行くことは良いことづくめ

    ドイツのクラブにとっても、メリットはある。ドルトムント戦で顔を合わせた知り合いのジャーナリストは、「フルアムとチェルシーのU-16チームの試合に、ブンデスリーガのクラブからスカウトが3人ほど視察に来ていた」と教えてくれた。
    プレミアリーグからブンデスリーガに活躍の場を求める選手たちは、過去の若い英国人選手よりもはるかに技術的に熟練した存在とみなされている。
    そして何より安く補強でき、数年後には高い売却益をもたらす可能性を秘めた、イングランドのクラブほど資金に余裕のないドイツのクラブにとって非常に興味を引かれる存在なのだ。

    長い歴史を誇るイングランドのフットボール界において、母国以外でプレーヤーが育つ土壌が整っているかというと、そうとは言い切れない。老いも若きも、フットボール発祥の国でプレーをし続けることで幸せを感じ、成長することに喜びを得るのが一般的だった。
    そのなかでも、1980~90年代にかけては、ポール・ガスコイン、ポール・エリオット、グレアム・スーネス、ポール・インス、レイ・ウィルキンスやデビッド・プラットらといった偉大な選手たちがイタリアに渡った。
    そのなかにはもちろん、日本とスペインに渡ったガリー・リネカーもいる。

    かつての変化と同様、余り一般的ではなかった方法だが、若くしてドイツで経験を積むという選択は、新たなサクセスロードとして主流になりつつあるといえる。
    ジェイドン・サンチョがトッテナム戦でみせたパフォーマンスは、確かに手放しで称賛できる出来ではなかった。しかし、彼のポテンシャルやドイツにおける成功は揺るぎないものである。

    少なくとも、彼が辿るであろう前人未到の“スターダムへの進路”は、ロンドンで彼を迎え入れた私の目には、輝かしく映った。

    2/19(火) 5:51配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00054261-sdigestw-socc&p=1

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【サッカー】イングランドの若手がドイツへ流出する理由とは? ブンデスリーガに何を求めるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ