蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:J1 > ヴィッセル神戸


    イニエスタが告白した「うつ」。強靭な肉体も精神も、発症を防げない - footballista
    欧州各国リーグ、チャンピオンズリーグ、国際大会から南米サッカーまで。注目試合マッチレビュー&プレビューを中心に、個性豊かな執筆陣によるオリジナルコラムや ...
    (出典:footballista)


    アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー。スペイン代表。 スペインのメディアからはDon
    82キロバイト (9,587 語) - 2019年2月28日 (木) 13:40



    (出典 www.sankei.com)


    頼む!!まだ、辞めないでくれ。

    1 豆次郎 ★ :2019/03/28(木) 22:09:17.37 ID:l9lJOG529.net

    19/3/28 22:02

     ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの理学療法士であるエミリ・リカルト氏が同選手のコンディションについて語った。スペイン『バルセロナ・ノティシアス』が伝えている。

     イニエスタは先日、スペイン『TV3』のインタビューを受け、その一部が『テレノティシエス』で放送された。

     昨年夏に神戸へ移籍したイニエスタ環境の大きな変化に「当初はストレスを感じた」というが、現在は「家族と一緒にとても快適に過ごしている」ようだ。Jリーグについては「今まで経験したことがなく、学ぶことも多い。常に最高の目標を設定している」と語っている。

     また、同番組ではイニエスタの理学療法士を務めるリカルト氏のコメントも紹介。イニエスタのコンディションに関して同氏は「正直に言うと、肉体的には限界近くまで来ている。水曜日と日曜日(の週2回)に試合をするのは難しい」と明かした。

     ただ、イニエスタ自身はまだまだトップレベルでプレーできるとアピールし、「バルセロナとの試合ではきっと活躍できるだろう」と、今夏に予定されている古巣バルセロナとの親善試合に向けて意欲を示している。

    https://web.gekisaka.jp/news/amp/?269912-269912-fl&269912-269912-fl=&__twitter_impression=true
    神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタ

    (出典 f.image.geki.jp)


    【【悲報】イニエスタの理学療法士が告白「正直に言うと彼の肉体は限界に近い」】の続きを読む


    イニエスタが感じた“Jリーグの難しさ”「どんなクラブでも勝つのは大変だけど…」 | ゲキサカ - ゲキサカ
    ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、日本での戦いについて語った。イニエスタが『EFE』に語った内容をスペイン『マルカ』が報じている ...
    (出典:ゲキサカ)


    アンドレス・イニエスタ・ルハン(Andrés Iniesta Luján, 1984年5月11日 - )は、スペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャ州アルバセテ県フエンテアルビージャ出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。ポジションはミッドフィールダー。スペイン代表。 スペインのメディアからはDon
    82キロバイト (9,587 語) - 2019年2月28日 (木) 13:40



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    たまには、毒はいてくださいよ~

    1 Egg ★ :2019/03/29(金) 09:03:57.97 ID:K1e5k1Z39.net

    日本での挑戦のためにFCバルセロナをあとにしたイニエスタ。
    「サッカー選手であり続けたかった」と語るイニエスタは「ヴィッセル神戸で目標を見つけた」と『EFE』のインタビューで語った。

    サンペール、イニエスタからの力強い助言明*「君が困ることはない」

    ノエビアスタジアム神戸の顔となったイニエスタは日本でもすでにスターであり、ファンたちの声援はとてつもない。FCバルセロナの伝説の“8”番は、すでに日本に完全に馴染んでいる。

    バルサとスペイン代表であらゆるタイトルを得てきた彼は、34歳にしていまだにサッカーへの熱い情熱をキープしている。
    「舞台は変わりプロジェクトも異なる。変わらないのはプロ根性とサッカーに対する情熱だ」とイニエスタは語る。

    ヴィッセル神戸はダヴィド・ビジャやセルジ・サンペールをも迎え、新シーズンをスタートさせた。
    「努力を重ねることで徐々に良くなっていく。選手たちは監督(フアン・マヌエル・リージョ)やクラブの意図をくみ取っている」と語るイニエスタ。

    クラブのオーナーであり楽天代表取締役社長の三木谷浩史氏の力もあり、昨年7月にヴィッセル神戸に降り立ったイニエスタだが10位に終わった。
    「どこにいたって試合に勝つのは難しいことだ、しかし日本では本当に難しい。チーム同士が非常に似通っており、要求が厳しい」とイニエスタはJリーグの平均レベルの高さを語った。

    イニエスタにとってJリーグの“激しさ”と“試合のリズム”は驚きだったという。またそれに加え日本人選手たちの“技能” “速さ” “ダイナミズム”について「ボールをキープしている間、そしてボールをキープしていないときにも多くのことが求められる」とイニエスタは言う。

    ヴィッセル神戸はアジアNo.1のクラブになる為にイニエスタを中心に構成されておいることから、イニエスタの両肩にかかるプレッシャーは非常に重い。

    三木谷氏は「バルサのように戦い、アジアNo.1になる」ことを求めるが、イニエスタはその責任の大きさに怯んではいないと断言する。「僕はそのために来た。そのために僕のことをこんなに信用してくれている」

    また、イニエスタは「人々が愛情と尊重、サポートや信頼を示してくれるところに行きたかった」と言う。
    「僕はスペインから来たからスペインのプレッシャーのレベルを超えることは難しいと思う。それに、僕はいつだって自分に厳しい人間だ。メディアやファンからのプレッシャーは常に存在するが、日本の場合はスペインとは印象や表現の仕方が違う」と語った。

    現在イニエスタは家族とともに神戸に居住している。
    「普通の生活をするようにしているよ」と語るイニエスタは、9ヶ月間の生活で基本的な会話を学んだようである。

    またバルセロナ時代を振り返り、バルサ時代の最高の瞬間は2006年のデビュー戦「夢が実現した瞬間だった」と述べた。

    2010年の南アフリカW杯決勝の決勝ゴールの瞬間も決して忘れることができないと語る。
    「スペイン代表でもバルサでも僕は最高の瞬間に居合わせた。思い残すことは無いし、果たせなかった夢も無い。今はプロとして家庭人として幸せになり、楽しみたい。そして人々がこれからも僕のサッカーを高く評価してくれるように頑張りたい」

    イニエスタとヴィッセル神戸の挑戦の一つに若い選手たちの育成がある。日本のサッカー界の将来について希望に溢れていると考察するイニエスタは、夏にブラジルで開催されるコパ・アメリカに出場する日本代表について「日本らしいチームワークのあるプレーで観客を沸かせるだろう」と語った。

    3/29(金) 8:23配信 スポルト
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00010002-sportes-socc


    【<イニエスタ>J1リーグのレベルの高さに驚き!?「特に激しさ”と“試合のリズム。他にも・・・」】の続きを読む


    ビジャ、コケ、ジエゴ・コスタが、コパ・デル・レイ決勝で敗れ、リーガ・エスパニョーラでも最終節まで優勝を争っていた末に連覇を果たせなかったバルサからはジョルディ・アルバ、ピケ、イニエスタ、シャビ、ブスケッツ、ファブレガス、ペドロが、リーガ・エス
    93キロバイト (6,741 語) - 2019年3月8日 (金) 01:41



    (出典 pbs.twimg.com)


    中島が点取ってくれなかったら、消化試合だったな。

    1 Egg ★ :2019/03/27(水) 12:39:56.05 ID:7j7LGWF29.net

    ◆サッカー国際親善試合 日本1―0ボリビア(26日・ノエビアスタジアム神戸)

     26日にフジテレビ系で放送されたサッカー国際親善試合「日本×ボリビア」(後7時)の平均視聴率が11・3%を記録したことが27日分かった。 

     日本が1点リードして迎えた後半40分の午後9時17分に瞬間最高視聴率14・9%をマークした。

     FIFAランク27位の日本は、途中出場したMF中島翔哉(アルドハイル)が後半31分、MF南野からのパスを落ち着いて足元に収め、相手選手の両脚の間を抜いて右足でゴール。同60位のボリビアを1―0で下し、平成最後の国際Aマッチを白星で飾った。なお、ロシアW杯以来の先発復帰となったMF香川真司(ベシクタシュ)は本領を発揮できないまま途中交代となった。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

    3/27(水) 10:01配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000051-sph-ent


    【【朗報】イニエスタ、ビジャ効果!?フジテレビ「日本×ボリビア」視聴率は瞬間最高14・9%】の続きを読む


    香川「憧れ」イニエスタ&ビジャ日本代表を生観戦 - 日刊スポーツ
    ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFイニエスタとFWビジャが今日26日の日本-ボリビア戦を生観戦する。2人の本拠地ノエスタで行われる平成最後の日本代表戦。先発が ...
    (出典:日刊スポーツ)


    ヴィッセル神戸(ヴィッセルこうべ、Vissel Kobe)は、日本の兵庫県神戸市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1966年創部の川崎製鉄水島サッカー部(1987年に川崎製鉄サッカー部に改称)が前身となり、1997年にJリーグへ加盟した。ホーム
    98キロバイト (8,626 語) - 2019年3月8日 (金) 16:00



    (出典 f.image.geki.jp)


    大先生方!!ズバっと言っちゃて下さい。

    1 Egg ★ :2019/03/26(火) 06:25:22.90 ID:TLN/aVxV9.net

    J1神戸のMFアンドレス・イニエスタ(34)が、きょう26日放送のフジテレビ「キリンチャレンジカップ2019 日本×ボリビア」(後7・00)の中継にスペシャルゲストとして生出演する。
    試合を除きイニエスタが日本のテレビ番組に出演するのは、放送局やネット番組を含めて今回が初めて。チームメートで盟友のFWダビド・ビジャ(37)も出演し、サムライブルーの活躍をピッチから見守る。

    試合が行われるのはノエビアスタジアム神戸。2人の本拠地でもあることから今回の出演が実現した。スタジオからではなく、実際にピッチに姿を現し日本代表、Jリーグ、W杯への熱い思いなどについてトーク。
    2010年にはスペイン代表としてW杯を制覇しており、22年のカタールW杯を目指す森保ジャパンへエールを送る。

    同局の植村敦チーフプロデューサーは「神戸での開催が決まった段階で、昨年から数カ月にわたりオファーさせていただき、このたび初めてのテレビ生出演が実現し、
    ご本人はじめクラブ関係者の皆さまに大変感謝しております」と喜びの弁。

    「海外クラブでグローバルな活躍を見せる昨今の日本代表に対しての、世界的スーパースターの生のコメントにぜひ注目していただければと思います」と期待している。
    W杯優勝コンビによる“華麗なトークのパス回し”に注目が集まる。

    放送では、ジョン・カビラ(60)と鈴木唯アナウンサー(25)が司会を担当。解説は元日本代表の楢崎正剛氏(42)と鈴木隆行氏(42)が務める。

    2019年3月26日 06:00 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/03/26/kiji/20190326s00002014084000c.html

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【速報】<イニエスタ&ビジャ>「日本×ボリビア」の中継にスペシャルゲストとして生出演!!】の続きを読む

    このページのトップヘ