蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:日本代表 > 南米選手権


    日本代表「欧州駐在強化部員」藤田俊哉氏に訊く――南米選手権のメンバーは五輪代表の強化を視野に入れてもいい - サッカーダイジェストWeb
    オランダ・VVVフェンロでコーチとして活躍したのち、本場・イングランドのリーズ・ユナイテッドの強化スタッフ入り。現役引退後、欧州クラブの監督を目指し、活躍の場を海外に ...
    (出典:サッカーダイジェストWeb)


    コパアメリカ2019(西: Copa América 2019)は、2019年6月14日から7月7日にかけて、ブラジルで開催される予定の第46回目のコパアメリカである。決勝はリオデジャネイロのマラカナンで開催予定。 南米サッカー連盟が、アルゼンチンで開催された2011年大会から、同連盟所属国がア
    14キロバイト (721 語) - 2019年4月11日 (木) 22:54



    (出典 img.footballchannel.jp)


    日本代表

    (出典 Youtube)


    こういう影の人達の努力で僕らは日本代表を見れるんだな・・

    1 Egg ★ :2019/04/18(木) 18:24:08.64 ID:WzMgzcDa9.net

     日本代表メンバー選考が混迷を深めている。日本サッカー協会は17日、都内で行われたJリーグ契約担当者会議の席で森保ジャパンが臨む南米選手権(6月、ブラジル)への選手派遣を各クラブに要請したが、Jリーグの原博実副理事長(60)は厳しい見解を示した。

     この日の会議に出席したJクラブの強化担当者は「(協会から)お願いはあったが、具体的な話は特にない。進んでいない」という。今大会に向けては、クラブに選手派遣の義務がないため、森保一監督(50)も「難しい」と頭を抱えていたが、いまだに打開策は見いだせない。それどころか、さらに困難な状況が浮き彫りになった。

     これについて原副理事長に聞くと「国際Aマッチデーではないので(派遣は)難しい」と話した上で「(同じアジアから参戦の)カタールみたいに(シーズンが)秋春制ならともかく、Jリーグはシーズン真っ最中。しかもACL(アジアチャンピオンズリーグ)だってある。Jからすれば、そちらが公式戦だ」と強調した。

     南米選手権は、J1リーグ戦に加えてACL決勝トーナメント1回戦と日程が重なる。さらに人数や年齢で制限する枠組みも設定しておらず「それは出場すると決まった時からそういう前提になっている。クラブと個別の交渉になる」(原副理事長)。クラブが拒否すれば、もはや打つ手なしというわけだ。

     さらに原副理事長は海外組についても「(試合に)出ている選手は休ませないといけないし、出ていない選手もチームを移ったりするから余計難しい」。自身が2014年まで技術委員長を務めた経験を踏まえ「向こう(欧州)のクラブに話をしても『なんで南米選手権に日本人が出るんだ』という反応がほとんどだった」と話し、すでに絶望的な状況だ。

     まさに八方ふさがりの森保ジャパン。南米の強豪とガチンコ勝負できる貴重な強化の場と期待されていたが、それ以前にチームを編成できるのだろうか。

    写真
    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    2019年04月18日 16時30分 東京スポーツ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/japan/1358484/


    【それ以前の問題だった。「八方ふさがりの森保ジャパン」6月の南米選手権に向け、チーム編成もままならない】の続きを読む


    「日本は侮れない強敵だ!」コパ・アメリカ対戦国、チリのメディアが森保ジャパンを警戒! - 日本スポーツ企画出版社
    3月26日にノエビアスタジアム神戸で行なわれたキリンチャレンジカップ、日本代表対ボリビア代表の一戦。日本は苦しみながらも1-0で勝利し、3試合ぶりの白星を挙げた。
    (出典:日本スポーツ企画出版社)


    コパアメリカ2020(西: Copa América 2020)は、2020年6月12日から7月12日にかけて開催される予定の第47回目のコパアメリカである。 2017年3月、CONMEBOLはコパアメリカの開催年をUEFA EUROと同年に変更すると発表。2018年10月のFIFA評議会で承
    5キロバイト (280 語) - 2019年4月9日 (火) 22:41



    (出典 www.tagheuer.com)


    来年もやるんだな。

    1 久太郎 ★ :2019/04/10(水) 08:00:23.61 ID:e2J2zjEe9.net

    CONMEBOL(南米サッカー連盟)は9日、2020年のコパ・アメリカがアルゼンチンとコロンビアで共催となることを発表した。

    南米最強の代表チームを決めるコパ・アメリカ。世界最古の大会として知られる南米王者決定戦だが、6月に開幕する2019年大会には日本代表も招待国として参加することが決定済み。注目が高まっている。

    2019年大会の開幕まで2カ月を切った中、CONMEBOLは2020年大会の開催地が決定したことを発表。アルゼンチンとコロンビアで共催されることが決定した。

    なお1カ月に及ぶ大会は、北ブロック(コロンビア)6チームと南ブロック(アルゼンチン)6チームに別れてグループリーグが行われ、各グループから上位4チームが決勝トーナメントに進出するという形式になるようだ。この新フォーマットにより、試合数はこれまでより12試合多く、全38試合となる。

    CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長は、「この変更の主な目的はファンにより多くのファシリティを提供し、南アメリカの人々に試合を届けること。ファンは少なくとも自身が選んだ5試合を楽しむことができる」と述べている。

    北ブロック、南ブロックの参加チームは以下の通り。

    北ブロック:ブラジル、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ペルー、招待国(未定)

    南ブロック:アルゼンチン、チリ、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、招待国(未定)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00010000-goal-socc


    【【サッカー】<コパ・アメリカ2020>アルゼンチンとコロンビアで共催になったてよ】の続きを読む


    日本協会、6月南米選手権の編成は進展なし - SANSPO.COM
    日本協会は1日、東京都内で技術委員会を開いた。3月の親善試合2戦とU-23(23歳以下)アジア選手権予選に出場したU-22代表の報告が行われたが、チーム編成 ...
    (出典:SANSPO.COM)


    コパアメリカ2019(西: Copa América 2019)は、2019年6月14日から7月7日にかけて、ブラジルで開催される予定の第46回目のコパアメリカである。決勝はリオデジャネイロのマラカナンで開催予定。 南米サッカー連盟が、アルゼンチンで開催された2011年大会から、同連盟所属国がア
    14キロバイト (721 語) - 2019年2月16日 (土) 11:51



    (出典 img.footballchannel.jp)


    東京世代よ。堂安、富安に続け!!

    1 Egg ★ :2019/04/02(火) 08:46:45.16 ID:Arpag6Fh9.net

    日本サッカー協会が6月の南米選手権の選手の招集に関して、5月10日までに方針を固めることになった。当初はクラブが派遣を許可するA代表の国内組+海外組で臨む予定だったが、現状は東京五輪世代+海外組の編成が濃厚。ただ、五輪世代は直前までU―20W杯に参加しているため、選手の棲み分けが必要になる。しかし、日本協会に招集の拘束力がなく、Jリーグ開催期間中であるため、クラブとの交渉が難航している。

     交渉を進めるには招集の方針を明確化する必要がある。各クラブの契約担当者を集めた17日の会議でまずは大枠を伝えられるよう準備し、遅くとも来月10日の技術委員会と強化部会までには決定するという。1日は都内で技術委員会が行われ、各世代の代表の活動報告があった。関係者の一人は「(最終的にはクラブとの)個別交渉になる」と明かしたが、森保監督が望むようなチームを組めるかは不透明だ。

    4/2(火) 5:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00000080-spnannex-socc


    【<南米選手権>現状は東京五輪世代+海外組の編成が濃厚。招集方針は、5・10までに決定!】の続きを読む


    【コパ・アメリカ予想布陣|Vol.3】東京五輪世代の吸い上げが裏テーマ。久保を呼べるならスーパーサブで - 日本スポーツ企画出版社
    南米2か国との3月シリーズを終えて、コパ・アメリカに臨む陣容を識者はどう考えるのか? 代表チームとクラブ間の様々な状況も考慮しながら、同大会へ臨む森保ジャパン ...
    (出典:日本スポーツ企画出版社)


    コパアメリカ2019(西: Copa América 2019)は、2019年6月14日から7月7日にかけて、ブラジルで開催される予定の第46回目のコパアメリカである。決勝はリオデジャネイロのマラカナンで開催予定。 南米サッカー連盟が、アルゼンチンで開催された2011年大会から、同連盟所属国がア
    14キロバイト (721 語) - 2019年2月16日 (土) 11:51



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    久保君だけじゃなく他の東京オリンピック世代も観たいな。

    1 Egg ★ :2019/03/27(水) 23:50:22.53 ID:0K/Xw8lT9.net

    南米2か国との3月シリーズを終えて、コパ・アメリカに臨む陣容を識者はどう考えるのか? 代表チームとクラブ間の様々な状況も考慮しながら、同大会へ臨む森保ジャパンの布陣をリアルに予想してもらった。




    ――◆――◆――
     
     基本的にアジアカップに出場した欧州組と、Jリーガーが招集不可だと想定すると、両サイドバックの候補が不在で4バック系の布陣選択は難しい。巷間伝わるように、アジアカップ不参加の欧州組と東京五輪世代で臨むとすれば、幸い昌子源がアジアカップ未招集だったこともあり3バックが濃厚。
     
     前線は鎌田大地を中央に配し、中島翔哉と香川真司がシャドー。おそらく今回ドイツで思うように活躍できていない宇佐美貴史を招集したのも、コパ・アメリカでの人材難を想定してのことだろう。浅野拓磨も1トップの候補だが、俊足を活*ために右サイドでの起用も考えられる。一方左サイドは、湘南にとっては痛手になるが、招集可能なら杉岡大暉。難しいようなら親日のトルコのクラブ(ガラタサライ)なら、長友佑都の参加について交渉の余地があるかもしれない。
     
     ボランチは柴崎岳の状況が変わらなければ、逆に快く送り出してくれそう。日本代表で活躍してくれた方が、所属クラブにとっては売却チャンスが広がる。ただし柴崎と小林祐希を同タイプなので、劣勢の試合が予想される大会だけに、本来センターバックの選手を1列前で起用することも考えられる。J2で柏が独走なら中村航輔の参加要請も要検討だ。
     
    文●加部 究(スポーツライター)

    3/27(水) 19:17 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00056307-sdigestw-socc

    【サッカー】<日本代表の森保監督> 南米選手権(6月開幕・ブラジル)で若手を積極的に起用する方針!17歳久保建も候補か...
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553683261/


    【【識者】<コパ・アメリカ予想布陣>「欧州組、Jリーガが呼べないと想定すると・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ