蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:元日本代表 > 中田英寿


    中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。
    80キロバイト (10,527 語) - 2019年4月9日 (火) 07:27



    (出典 www.bs-tbs.co.jp)


    他人の前で語れんよ普通

    1 Egg ★ :2019/04/20(土) 05:00:19.48 ID:O3D08TDO9.net

    19日放送のTBS系「ビビット」は、サッカー元日本代表の中田英寿氏(42)と女優の真矢ミキ(55)の対談の模様を放送した。

    真矢は「好きな人いないんですか?とか聞きたくなっちゃうんですけど、パートナーに求めることは」と中田氏に恋愛観を尋ねた。

    すると、中田氏は「パートナーに求めることは、まず自立していること。自立していることっていうのは反対からみると、いろんな人に対して気がちゃんと配れる。

    自分がその人を幸せにしたいと思うように、その人がいろんな人を幸せにする人であってほしい。

    ボクは相手がつらいから助けてあげたいとか、自分がつらい時に助けてもらいたいっていうそういう関係ではなくて、一番楽しい時間を過ごせる人がいい」と話した。

    4/19(金) 11:00配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000008-tospoweb-ent

    写真


    【中田英寿、恋愛観を語る】の続きを読む


    「日本のことを知らない…」中田英寿が旅で知った日本の魅力をラジオで紹介 - SPREAD
    4月6日より、J-WAVE(81.3FM)にて、元サッカー日本代表・中田英寿さん出演のラジオ番組「VOICES FROM NIHONMONO」が放送開始される。 この番組は来る 2020年に ...
    (出典:SPREAD)


    中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。
    80キロバイト (10,527 語) - 2019年4月9日 (火) 07:27



    (出典 www.billboard-japan.com)


    歩み寄るのも勇気か

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/23(火) 16:02:03.92 ID:B+A1MV0i9.net

    テレビの情報番組に出演する姿を見て、目を疑った。
    元サッカー日本代表MF中田英寿氏(42)。現役時代は、マスコミ嫌いで、担当記者だった私もはね返されてきた1人だ。
    あれから約20年。
    中田氏は今、あるイベントを主催している。「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」(29日まで)だ。

    自身が日本全国を巡り、厳選した110の酒蔵が出店。
    テーマは「日本酒と世界各国料理とのペアリング」で、アジアから欧州まで世界10カ国の料理が並んでいる。
    今月19日のオープニングセレモニーで中田氏は、「日本酒を世界に伝えていくためには、ワインやシャンパンと同じように、さまざまなジャンルの料理とのペアリングを伝えることが重要だと思います」
    とイベントのテーマを策定した経緯を語った。関係者によると、初日に約1万5000人が来場。各酒蔵で用意した日本酒は、連日完売の状況という。

    出演した情報番組は、TBS系「ビビット」、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」などで、イベント3日目の21日には同局系「シューイチ」に登場し、MCの中山秀征と対談。
    瞬間最高視聴率は14%超(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークしている。文字通り、PR作戦大成功だが、中田氏が出演に踏み切った理由について、関係者はこう話す。

    「シンプルに、サッカーとは違うフィールドに出ている中田に話を聞きたい番組側のご希望を多くいただき、中田本人も『今、活動していることであれば』になりました」

    確かに中田氏は引退後もサッカーについては、多くを語っていない。
    現役時代、イタリアで私が1度だけ得たインタビュー機会にも「引退後は、どちらかと言うとサッカー以外の仕事をやってみたいですね。
    サッカーのステップはこの先を考えれば小さいもので、多種多様な職業がありますから」と話していた。

    マスコミ、特にスポーツ紙との確執についても聞くと、こう返された。

    「たまに会見で『変なこと聞くなあ』とは思いますけど、だからどうこうというのはもうないですよ。
    ただ、1度崩れた関係はそう簡単には直せないものですが、歩み寄る人がいれば、僕も歩み寄るという形にはなると思います。
    僕が近寄りがたいのは分かりますよ。もちろんそうしてるし、それは長年、身についているものですから(笑い)。
    ただ、例えばライオンがいて、怖そうだからずっと避けようというのなら何も状況は発展しないでしょ。
    そこで歩み寄ってかみつかれるのか、どうにかなるかは分からないじゃないですか。だから、それをどうするかは、そこを通る人次第ってことですよね」

    その後、練習場であいさつをかわす程度にはなったが、私の努力不足で「関係修復」とまでには至らなかった。
    しかし、引退後、横綱朝青龍の応援で両国国技館を訪れた中田氏に再会し、取組の感想を聞くと、笑顔で「横綱は強くないといけないですが、魅せてくれる人だと思いました」などと返した。
    「近寄りがたい」オーラは残ったままだったが、1つの大きな壁が取れたことは感じた。

    以降、私が中田氏に取材で関わる機会はなかったが、先日、情報番組で話す姿を見て久しぶりに会ってみたいと思った
    42歳の今も「ライオン」なのかも確かめたい。その可能性を探るべく、イベントに足を運んで日本酒をいただこうと思う。【柳田通斉】

    http://news.livedoor.com/article/detail/16358855/
    2019年4月23日 10時56分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【中田英寿は、42歳になった今も「ライオン」なのか】の続きを読む


    【再録】イタリア人の目に映った中田英寿のキャリアを改めて考察する - サッカーキング
    CALCIO2002特別編集『NAKATA Renaissance』(2009年6月掲載). ペルージャでの活躍から名門ローマへと移籍を果たし、18年振りのスクデット獲得に大きく貢献した ...
    (出典:サッカーキング)


    中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。
    80キロバイト (10,527 語) - 2019年4月9日 (火) 07:27



    (出典 www.premium-j.jp)


    カズさん、いつまで現役続けるんだろう?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/19(金) 13:08:18.74 ID:aEgrTiXR9.net

    19日放送のTBS系「ビビット」は、サッカー元日本代表の中田英寿氏(42)と女優の真矢ミキ(55)の対談の模様を放送した。

    その中で、中田氏は現役を続けている先輩の三浦知良(52=横浜FC)について
    「カズさん長いな。52ですげえなって。たまに食事するんです。いつまでたってもアニキだし、たくましいな、この人。もう死ぬまで辞めないでほしい」とエールを送った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000011-tospoweb-socc
    4/19(金) 11:03配信


    【中田ヒデさん、10歳上のキングカズにエールを送る】の続きを読む


    サッカーから日本酒プロデュースへ。中田英寿が描く“-5度”の世界戦略 - www.fnn.jp
    プライムニュースα サッカー引退後は日本酒の魅力を世界に発信している中田英寿さん 日本酒には徹底した温度管理が必要 ー5度で管理できる世界初の「日本酒セラー」を ...
    (出典:www.fnn.jp)


    中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称は「ヒデ」。国際サッカー評議会(IFAB)諮問委員。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。
    80キロバイト (10,527 語) - 2019年4月9日 (火) 07:27



    (出典 news.mynavi.jp)


    もっと考えて発言しないと・・

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/19(金) 10:30:14.68 ID:ScCaCPiC9.net

    4/19(金) 10:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00000041-dal-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     元サッカー日本代表の中田英寿氏が19日、TBS系「ビビット」で、真矢ミキとの対談に臨み、現役時代のマスコミとの確執について語った。

     真矢から小さい頃はどんな子どもだったのかと聞かれた中田氏は、教師や親が指導しても納得しなければ絶対にやらなかった子ども時代だったと振り返った。
    これに真矢は「『なんで言う事を聞かないんだ』という人はいなかったのか?」と質問。すると中田氏は「そんなのいっぱいあって。その最たるものが現役時代のメディアとの付き合い方。すっごい戦いましたからね」と振り返った。

     中田氏と親しい真矢は「ヒデちゃん、どなたとも溶け込んで…」とそんな一面は信じられないという表情を浮かべ、中田氏も「好きだから。子どもの頃から人と話をするのが好き」と認めたが、現役時代のヒーローインタビューを振り返り「試合終わりました、インタビュー生中継30秒、『今日はどうでしたか?』と。どうでした?お前の疑問はないのかと」と思っていたという。

     「それをプロに向ける言葉なのかと思いながら」聞いていたといい「真摯に聞かれれば真摯に答えるし、その他の所でも予定調和とか、向こうが自分の欲しい答えを引きだそうとしているのが分かった瞬間に、わざと違う答えを言ったり」ともコメント。
    「そういう人に対してはすぐに戦う。それが何年も続いたし、自分も結構きついときもあったけど、自分の信念を曲げる事の方が嫌い」と当時を振り返っていた。


    【<中田ヒデ>現役時代のマスコミとの確執を語る。「ビビット」にて真矢ミキと対談】の続きを読む

    このページのトップヘ