蹴球侍 日本代表まとめ速報

主に、サッカー日本代表の情報をまとめています。
海外組から国内組までの選手の情報を毎日お届けします。

    カテゴリ:サッカーニュース > 村井チェアマン


    「私の席からも入ってるように見えた」 村井チェアマン、ゴールラインテクノロジー先行導入の可能性も示唆 - Football ZONE web
    浦和×湘南で世紀の大誤審 DF杉岡のシュートがネットを揺らすも審判はゴール認めず. 17日のJ1リーグ第12節浦和レッズ対湘南ベルマーレの一戦で歴史的に残る誤審が ...
    (出典:Football ZONE web)


    村井 (むらい・みつる、1959年8月2日 - )は、日本の実業家。第5代日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)。 1959年8月2日、埼玉県川越市出身。埼玉県立浦和高等学校から早稲田大学法学部に進学。在学中は早稲田精神昂揚会に所属。卒業後、1983年に日本リクルートセンター(現在のリクルート)に入社。
    13キロバイト (1,432 語) - 2018年6月24日 (日) 20:36



    (出典 dime.jp)


    意外とかかる・・・

    1 かばほ~るφ ★ :2019/05/23(木) 18:12:46.68 ID:zKSPVEdK9.net

    J1でのVAR導入目標は21年度から 17日には浦和-湘南で誤審も
    2019.05.23.
     
    Jリーグの村井満チェアマンが23日、J1のリーグ戦でのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入について、
    2021年度のJ1リーグからの導入を目指していることを明かした。
     
    VARについては、FIFAが定める養成プログラムをクリアすることで正式な導入が可能。
    今季の国内大会では、養成プログラムのプロセスとしてルヴァン杯の決勝トーナメントで試験導入される。

    村井チェアマンは「J1の全試合に導入するには、2年をかけてFIFAの要請期間を終えるというのが、
    われわれとしてのタイムラインの設定」と説明。「21年にJ1で導入するというところからの逆算で、
    今季はルヴァン杯のプライムステージ(決勝トーナメント)で実施することになっている」とした。
     
    17日にはJ1の浦和-湘南戦(埼玉)で湘南の明らかなゴールが得点と認められない誤審が発生。
    ファン・サポーターからはVARの早期導入を求める声が上がっていたが、
    あくまでFIFAが定める正式なプロセスを経ての導入を目指す姿勢を示した。
    誤審が起きたことを受け、日本サッカー協会の審判委員会は8月からペナルティーエリア内の反則や
    ゴール判定を補助する追加副審を導入する方針を固めていた。

    デイリースポーツ on line
    https://www.daily.co.jp/soccer/2019/05/23/0012358535.shtml


    (出典 i.daily.jp)


    【村井チェアマンが明かす「J1でのVAR導入目標は・・・」】の続きを読む


    Jリーグ「令和は地域に根ざす」 昇降型ピッチなど構想 村井チェアマンインタビュー - 産経ニュース
    間もなく「令和」の時代が幕を開ける。Jリーグの村井満チェアマン(59)は産経新聞の単独インタビューに応じ、新時代の羅針盤を示し、「平成」を振り返った。令和での使…
    (出典:産経ニュース)


    村井 (むらい・みつる、1959年8月2日 - )は、日本の実業家。第5代日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)。 1959年8月2日、埼玉県川越市出身。埼玉県立浦和高等学校から早稲田大学法学部に進学。在学中は早稲田精神昂揚会に所属。卒業後、1983年に日本リクルートセンター(現在のリクルート)に入社。
    13キロバイト (1,432 語) - 2018年6月24日 (日) 20:36



    (出典 cdn.mainichi.jp)


    勉強になります

    1 Egg ★ :2019/05/10(金) 09:26:22.16 ID:jLOK6fv59.net

    <コラム・無手勝流 村井満>

    ビジネス界出身ながら世界水準のリーグを目指して3期6年目の村井満チェアマン(59)が、日刊スポーツで執筆中のコラム「無手勝流(むてかつりゅう)」。新時代令和の第1回となる今回は「組織経営」がテーマ。ビジネス界だけではなく、Jリーグでは入場者数が4年連続で1000万人を突破するなど、組織の成長につながる改革を進めている村井チェアマン流の「組織論」は、必読です。

           ◇        ◇

    私自身、気が付けば今年で還暦を迎えようとしています。これまでは体力には自信があり、日本中、時には世界中を飛び回ってきましたが、さすがに以前よりも体力が落ちて、より健康を意識するようになりました。年に1度の人間ドックなどで、客観的に自分の状態を知ることが大事だと痛感する毎日です。

    組織経営にも「健康診断」が必要だと思っています。Jリーグでは毎年、パートナーやメディアといった多くの関係者に我々の仕事ぶりを評価してもらうアンケートを実施し、私自身も社内の部長以上の役職者から「無記名360度評価」を受けています。社内での地位が上位になるほど、直接指摘をしてくれる人間も少なくなります。自らは良かれと思っていても時に独善的になったりするので、強制的なフィードバックを入れることが重要となります。そうした考えから、Jリーグではフィードバックの機能を入念に張り巡らせているのです。

    私が組織の成長において重要視していることは「組織内に異物を入れて天日にさらす」こと。例えば会議で恐れるのは「全会一致で賛成」や「異議なし」の状況です。理事会や実行委員会では議事進行の収拾がつかないほど議論が沸騰することがあります。反対意見や我々執行部を問い詰める場面も数多く、私が返答に窮することがあるのですが、実はこういう状態の方が健全だと考えています。

    チェック機能をより働かせるために、Jリーグのメンバーに言っているのは「魚と組織は天日にさらすと日持ちがよくなる」ということです。「この情報は都合が悪いから、ここだけにしておこう」という組織はたいていダメになる。不都合な事実も開示し、みんなで議論していこうと。ひとたびトラブルが起こるとルールブックが厚くなりがちですが、常に社会に存在が開かれていて、何か起きたらすぐに外に流れる状態をつくっておくことの方が健全な組織運営の本質です。いわば「会社の中に社会をつくる」ことこそ、あるべき姿だと思うのです。現在JリーグではNTTグループや楽天など風土の全く異なる組織からの出向者や、派遣社員、アルバイト、インターンシップなど、さまざまなバックグラウンドを持つ仲間が出入りしています。同質にならない多様な価値観を持つ者で意図的に構成することで組織の活性化を促しているのです。

    こうした根底にあるのはサッカーというスポーツが一部の人間のものではなく、サッカーを愛する皆さんのものであるという考えです。サッカーをする人、見る人、支える人が、それぞれの立場で自由にサッカーを語り、サッカーを使い、サッカーを楽しむために「自らを開いていく」という気持ちを、令和の時代も持ち続けていたいものです。

    ◆村井満(むらい・みつる)1959年(昭34)8月2日、埼玉・川越市生まれ。浦和高サッカー部ではGK。早大法学部卒業後、83年にリクルートセンター(現リクルートホールディングス)入社。00年に同社人事担当執行役員に就任。その後、リクルートグループ各社の社長を歴任した。08年7月にJリーグ理事就任。14年1月に第5代チェアマンに就任し、現在は3期6年目。家族は夫人と1男1女。

    5/10(金) 8:21配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-05100143-nksports-socc


    【Jリーグチェアマン/村井満が語る「こういう組織はたいていダメになる」】の続きを読む


    Jリーグない根室から深まった縁/村井満チェアマン - 日刊スポーツ
    喜怒哀楽を爆発させましょう-。今日22日、27年目のJリーグが幕を開ける。昨年はイニエスタら世界の大物が加入。日本代表のW杯ロシア大会の16強進出に鹿島のAC…
    (出典:日刊スポーツ)


    村井 (むらい・みつる、1959年8月2日 - )は、日本の実業家。第5代日本プロサッカーリーグ理事長(Jリーグチェアマン)。 1959年8月2日、埼玉県川越市出身。埼玉県立浦和高等学校から早稲田大学法学部に進学。在学中は早稲田精神昂揚会に所属。卒業後、1983年に日本リクルートセンター(現在のリクルート)に入社。
    13キロバイト (1,432 語) - 2018年6月24日 (日) 20:36



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    地域にもっとサッカーが根付けばいいな

    1 Egg ★ :2019/04/24(水) 09:00:59.98 ID:bFWjRf2S9.net

    間もなく「令和」の時代が幕を開ける。

     Jリーグの村井満チェアマン(59)は産経新聞の単独インタビューに応じ、新時代の羅針盤を示し、「平成」を振り返った。令和での使命は各クラブが本拠地とする地域に深く根ざすこととし、スタジアムを核に据える考えを示した。期待が高まっている防災機能に加え、学校、役所、スポーツ施設などが一体となった形式や、ピッチを天井まで上昇させる技術の利用などを構想中で、老若男女が集う空間を生み出したいという。(五十嵐一、奥山次郎、榊輝朗)

     「おそらく、少子高齢化が成熟の局面を迎えるのが令和の時代になりますよね」。新時代を、こう見通した。高齢者の行動範囲は限られる。人口減少に比例して税収が減れば、新設できる施設は多くない。「多機能型の施設があったらいい」と考える理由だ。

     3月、シンガポールに飛んだ。中心部から車で30分ほどのタンピネス地区で出合った光景は衝撃的だった。5階建てのスタジアム中央にピッチが広がり、映画館、図書館、リハビリ施設、役所、飲食店、ジムなど、生活に必要な施設がグルリと取り囲んでいた。

     シンガポールの国土面積は東京23区ほど。土地が限られる条件は日本に似ている。「一つ一つ別々のものを造るより、コストもかからない」と実感した。高齢者がピッチを見下ろしながらランニングしている姿を目にして「スポーツの入り口を自然な形で置いている」とも感じた。役所への用件で足を運んだ人が、走っている人を見て体を動かしてみようと思える環境は魅力的だった。行政やスポーツなどの縄張りを乗り越え、融合していく未来を見た。

     日本独自の造船技術を活用し、ピッチをスタジアム天井まで持ち上げるアイデアも温めている。試合日以外は芝生を太陽の下で育成しながら屋根として活用。空いたピッチ部分では室内競技、見本市、コンサートなどが開催可能で、稼働率を高めて施設の収入を増やす好循環を思い描く。

     昨年12月、J3福島の新スタジアム案にピッチが昇降する機能が盛り込まれるなど、実現の兆しは見え始めている。「実現は遠くないんじゃないですか。(稼働率が高まれば)初期投資が回収できる。税金を頼ったりしないで民間資金がより集めやすい」と楽観的だ。

     地域を重視し、今季からホームグロウン制度も導入した。J1のクラブは12~21歳の間に3季以上在籍した選手を最低2人登録することを義務づけた。各クラブが地域に根ざし、チーム哲学を醸成する狙いがある。「哲学がないと、監督が代われば戦い方が、社長が代われば育成への投資金額が変わるでしょ」。各クラブに“色”を求める。

     「平成」の時代、Jリーグのクラブ数は10から55に増え39都道府県に広がった。「令和」は? 「地域の社会、生活と、より関わっていく局面に入らないといけないと強く思う」。「拡大」から「深化」へかじを切る。

     ■平成とともに歩んだJ クラブは10→55に拡大

     村井チェアマンは平成の時代を「Jリーグの歴史はそのまま平成といっていい」と振り返り「スポーツに関わる人材を輩出し、育ててきた時代」と位置づけた。

     Jリーグは1993(平成5)年に10クラブで開幕、39都道府県55クラブまで拡大した。各クラブには約30人の選手がおり、現在は約1500人がプレーする。「指導者や従業員を含めると、Jリーグ全体で約5千人がサッカーで生計を立てている」という。

     プロスポーツを運営する環境で育った人材の一部は活躍の場を広げた。2016(同28)年に始まった男子プロバスケットボールのトップリーグであるBリーグ、将来のプロ化を視野に入れて18(同30)年秋に開幕した卓球のTリーグなどで貢献している。

     視聴環境が大きく変わった時代でもあった。家族で一台のテレビを囲む風景は様変わりし、Jリーグの試合は、17(同29)年からDAZN(ダゾーン)がインターネット配信している。「かつては考えもしなかった」と感慨を込めた。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16359519/


    【【Jリーグ】<村井チェアマンが新時代の羅針盤を示す>クラブは「拡大」から「深化」へ。昇降型ピッチなど構想】の続きを読む

    このページのトップヘ